2017年1月11日 更新

“冷たい水ですすぐと痛い人”は必見!お湯ですすぐのはアリ?ナシ?

冬はとくに、歯磨き後に水ですすぐときに「痛い」「しみる」という人が多いですよね。今回は、お湯ですすいでも良いのか?ということを調べてみました。さらに痛い(しみる)原因もご紹介しますので、ぜひ参考にして下さい。

歯磨き後の冷たい水が苦痛

thinkstock (29192)

同じ水でも、季節によってその温度は変わりますよね。
夏は苦にならない人が、冬になると「少しお湯を混ぜないと歯が痛い」ということは少なくありません。

夏と冬の水道の温度差

平成27年度の水道水の水温(都庁付近)データ

平成27年度の水道水の水温(都庁付近)データ

ここで、東京都水道局が公表している平成27年の温度をご紹介します。

1番低い水温を見ると、8月は21.7℃なのに対して1月は6.9℃、その差は14.8℃!
そして、1番高い水温は8月は27.3℃で1月は10.9℃、その差は16.4℃にもなります!!
やっぱり、同じように蛇口をひねっても真夏と真冬ではこんなに温度差があるんですね。

知覚過敏の可能性

冷たい水で歯が痛いと感じる人は、知覚過敏の可能性が高いです。
知覚過敏とは、冷たいものや歯磨きによって痛んだりしみたりする症状のことを指します。
むし歯でもないのに歯がしみて痛い、という症状の多くが知覚過敏です。
thinkstock (29193)

知覚過敏の場合は、刺激によってその瞬間だけに症状が出ることがほとんどです。
もしその瞬間だけでなく、刺激がないのに痛むという場合はむし歯などの可能性を疑いましょう。
程度にもよりますが、虫歯の場合、慢性的な痛みを伴う事が多いのに対し、知覚過敏の場合は冷たい物を食べたり飲んだりしたときなどに、一時的に歯がしみるだけで、その痛みは持続しない事が多いのです。
42 件

この記事のキュレーター

永瀬なみ 永瀬なみ