2016年10月18日 更新

虫歯予防・美容にも♡黒砂糖のひみつ!

砂糖次第でチョコだって虫歯予防になるんです◎

甘いものは食べたい! でも、虫歯にはなりたくないし、太りたくない…!

thinkstock (26149)

「甘いもの食べたい。でもやせたい! 太りたくない!」
女性なら誰でも、一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

甘いものは食べたいけれど、太りたくない。そして虫歯にもなりたくない!
秋になると栗スイーツ。冬になるとあったかいココア。
春になれば、抹茶と苺スイーツ。夏になればアイス。
いつ、女子のわたしたちはやせる機会があるというのでしょうか?
そんな甘い話ないよ~!と言いながら、またお菓子を食べる日々。。。!

…実はあります! 太らないというのは無理ですが!

お砂糖を選ぶことで、甘いものを食べても「太りにくくなれる」んです!

★例えば、「太る。虫歯になる」代表格のチョコレート。

thinkstock (26152)

チョコレートが虫歯や太る原因になってしまう理由は、もちろん砂糖。
でもこの砂糖の種類によって、虫歯になりやすさ、太りやすさが違うのです。
一般的なチョコレートに含まれているのは、白砂糖。
虫歯になりにくいチョコには、黒糖やきび糖、てんさい糖が使われています。

白砂糖と黒糖、きび糖はどれもさとうきびから作られますが、これらの違いはその精製度。白ければ白いほど精製度が高くなります。
そして、精製すればするほど、もともと含まれるビタミン・ミネラルも落とされてしまうことに。
少し前にネットで「白砂糖は体によくない!」という話が出回っていましたが、
実は本当なんですね。
白砂糖は体を冷やしてだるくさせてしまい、「甘いものを食べないと」という
依存性に駆られる高い成分があるんだそうです。

★黒糖(てんさい糖)には、こんな効果が…!

 (26156)

①疲労回復・血糖値の上昇を抑えてくれる。

gettyimages (26163)

効能1.疲労回復

ブドウ糖が不足すると脳の働きが鈍化してイライラや集中力低下に見舞われますが、
脳内に蓄積できるブドウ糖は少量なので、疲労で音を上げないためには、
絶えずこれを補給していく必要があるわけですね。

そんな時に黒砂糖を摂れば、わずか数分の間に脳の働きが活性化して疲労が取れ、
能率が向上するというわけです。
砂糖でもいいのですが、砂糖は黒糖よりも太りやすいという点や
他の効能が黒糖の方が魅力的という点で黒糖がオススメなのです。

効能2.血糖値の上昇を抑える

さらに黒糖には、血糖値や中性脂肪値の上昇を抑える働きがあります。

これはつまり黒糖に含まれる色素成分コクトオリゴや、
天然オリゴ糖の一種ラフィノースに、ブドウ糖が腸に吸収されるのを遅らせる作用があるからなんですね。

疲労回復や血糖値上昇予防などの効能だけでも十分魅力的ですが、
黒糖には他にも効能として便秘解消や中性脂肪を抑えたり、生活習慣病の予防に効果的な度も挙げられます。
お砂糖に疲労回復効果やしあわせを感じられる効果があるのは元々ですが、
そこで白砂糖を選択せず、黒砂糖を選んでみましょう~!
特に脳はブドウ糖を摂取して働く器官。
疲れたな~頭がぼーっとするなと思ったら、黒糖の入ったお菓子を少し食べてみましょう。

②虫歯予防効果がある!

gettyimages (26165)

もっとも精製度の低い黒糖にはラフィノースというオリゴ糖の一種が含まれているので、
整腸作用や虫歯予防効果があるといわれます。
このような特徴から、『タイムズスクエア歯科クリニック』のホームページによると、

<粗糖の方が精製糖に比べて虫歯を発生させる作用が弱いということが
何人かの研究者の実験で確かめられている。>

という事実があるのです。
まだ研究段階ではありますが、効果は立証されているんですよ~!
ラフィノースは、アトピー性皮膚炎にも効果があると実験で結果が出ています。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

歯の健康は食べ物から作られる!

歯の健康は食べ物から作られる!

日頃のデンタルケアに合わせて食べ物(食事)についても学んでみませんか?歯にとって良い食べ物、悪い食べ物をご紹介します。
misa_asada120 | 164 view
「虫歯女子」は卒業! きれいなひとは歯も美しい。

「虫歯女子」は卒業! きれいなひとは歯も美しい。

「かわいいのに、歯が残念」「虫歯だらけで引いた」って言われたくないですよね?
cotoco* | 389 view
その習慣が「おとな虫歯」の原因だった!

その習慣が「おとな虫歯」の原因だった!

大人になってできるのは「大人ニキビ」だけじゃない•̀.̫•́✧
cotoco* | 104 view
歯磨きだけでは不十分。虫歯にならないためにデンタルフロスを使おう!

歯磨きだけでは不十分。虫歯にならないためにデンタルフロスを使おう!

毎日の歯のケアはどのようにしていますか?実は、歯ブラシだけでは歯と歯の間の汚れを取ることができないため、毎日のデンタルケアが歯ブラシでの歯磨きだけという方は要注意です。この記事では、歯磨きにプラスして、デンタルフロスを使って歯の汚れを取る方法をご紹介します。
romimiro123 | 161 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cotoco* cotoco*