2016年8月24日 更新

秋の味覚「柿」に秘められた口臭撃退パワー!

しゃりしゃりした柿が好きです。

今年もやって参りました食欲の秋…!!

負けられない戦いが始まる、というくらいのテンション!
美味しいものがいっぱいの秋ですからね。気合い入るー!
いくらでも食べれそう…(´ω`)!

秋は果物の季節  中でもやっぱり「柿」

柿狩りができるスポット:秋の味覚狩り2016:るるぶcom

柿狩りができるスポット:秋の味覚狩り2016:るるぶcom
「柿狩り」ができる、おすすめの秋の味覚狩りスポットはココ! 
この切り方は斬新ですが…

この切り方は斬新ですが…

実家から柿が大量に送られてくるなんて方も多いのでは?
柿は冷凍で保存すれば2、3週間は持つようなので、
一人暮らしでも腐らせずに済みそう。

そしてこの「柿」美味しいだけではない!!

柿には口臭を防ぐ力があるのです!

最近の研究データによれば、注目の消臭成分は、意外なことに「柿」。それも、実が青いうちに収穫し、搾った果汁から得たタンニン(柿タンニン)という物質なのだそうです。
柿に含まれるポリフェノールの中で「タンニン」と呼ばれる成分は、殺菌や消臭効果にも優れているのです。タンニンは渋みをもたらす物質で、緑茶や紅茶などお茶類に多く含まれていることで有名です。

タンニンなどを知らない時代に、上手に柿を利用していた訳で、昔の人の知恵って素晴らしいですね。柿タンニンは熟す前の青柿や渋柿に多く含まれており、現在では柿タンニンを抽出した口臭予防製品やスキンケア商品もあるそうです
その秘密は「柿タンニン」

その秘密は「柿タンニン」

柿タンニン、あまり聞き慣れない成分ですよね。
しかし消臭に効果があると良く言われるカテキンよりも効果大なんだそう。

あれ、でも「青柿」や「渋柿」ってあまり好んで食べないような…。

甘みのある柿では口臭予防の効果はないの?

甘柿というのは、
熟すことで中のタンニンが、
水溶性から不溶性へと変わる。
甘い柿はタンニンが無くなったのではなく、タンニンの渋みが溶けにくい状態に変化しただけなのです。食事の後にデザートとして柿を食べることは口臭予防にとても有効です。
決してタンニンがなくなってしまうわけではないようですね!
まだ青い柿もそれはそれで美味しいですが、必ずしもそうじゃないと行けないわけではない様子。

柿を使ったレシピは意外に多種多様!

そのまま食べるイメージが強いけれど

そのまま食べるイメージが強いけれど

なんと

○サラダ
○味噌和え
○トマトの合わせたパスタソース
○炊き込みご飯の材料に

などなど工夫次第で料理の幅は無限大☆
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

歯磨きしてるのに何でニオうの…?その口臭、ガミースマイルが原因かも

歯磨きしてるのに何でニオうの…?その口臭、ガミースマイルが原因かも

いつまでもキレイな白い歯でいたいし、大好きなあの人にもっと近づきたい。だから毎日欠かさず歯磨きしてる。なのになんでか口臭が消えない…(´;ω;`)
sasami* | 1,019 view
なんだか無気力…そんな夏バテは身体だけのものじゃなかった??暑い季節に気を付けたい「お口の夏バテ」

なんだか無気力…そんな夏バテは身体だけのものじゃなかった??暑い季節に気を付けたい「お口の夏バテ」

五月病でぐったりしていた人、夏バテ対策できていますか? 「なんだかだるい~」とぐったりしてしまうのは、身体だけじゃなかったりします。
やな | 234 view
歯並びによる虫歯も歯周病も、デンタルフロスで予防しよう!

歯並びによる虫歯も歯周病も、デンタルフロスで予防しよう!

虫歯や歯周病から歯を守るためには、歯の汚れをきちんと落とすことから始まります。そのために歯ブラシだけでなく、併せてフロスを使うことが推奨されますが、デンタルフロスの良さはどこにあるのでしょうか。
あさみ | 560 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

みなたろす みなたろす