2016年9月27日 更新

美の基準は口元へ!目力アップはもう古い…

だから口元を綺麗にしたい!

目力アップがメイクの基本だったあのころ…

今の30代は「きれいになりたい!」という気持ちが強かった10代、20代の頃まさに「目力ブーム」があった世代。
目が大きければ大きいほど可愛い、綺麗とされた頃のコンプレックスがまだ残っている人も多い気がします。
太くしっかり引かれた黒のリキッドアイライナーやつけまつげは一番に挙げられる例でしょう。
目を黒くぐるっと囲んでましたよね…
「つけまつげ、過剰な書き足し、上下囲み目」はもう過去の遺物
黒いアイラインはそれだけでもう古いし、黒という色は引き締め効果を持つので、実際に目を大きく見せる効果は実はそれほどでもない。
黒く囲んでも効果はなかったのか…!!
半顔メイクも話題に

半顔メイクも話題に

ほんの少し前までは、こんな風に

○黒目を大きく見せるカラコン
○アイプチで二重まぶたに
○プラスつけまつげでデカ目

が定番だったのです。
当時みんなこんな顔してましたね…。

ですが、もうそれは過去の話…

今やメイクはナチュラルメイクが主流に

アイシャドウなしのメイク

アイシャドウなしのメイク

元々の顔が可愛いじゃないか…というツッコミは一旦置いておきましょう。
もはや目元のメイクはしなくても良いという時代。

透明感が重要視されるようになり、不自然に大きくて黒い目元はあまり好かれないようです。

そして同時に目元のメイクが流行ったせいで…

目はメイクで自由自在!とみんな知ってしまった

目はメイクでどうにかなる。
どうにでもなる目より、どうにもならない部分に意識が行くようになるのは当然。

メイクじゃどうにもならない気がする…それが「顔の下半分」

そして出てきた新ワード「ゴボ口」

ゴボ口

ゴボ口

ゴボ口という言葉が広がった背景には、ここ数年のスマホとそれに伴う自撮り文化の普及があると思います。
今はかつてないほど露出が激しい時代です。
自分の顔と他者の顔を比較するうちに、口元の形の重要性に気付いたのでしょう。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

美人の証!アデノイド顔貌を治して輪郭美人に!

美人の証!アデノイド顔貌を治して輪郭美人に!

美人の条件の一つに、整った歯並びと、美しい輪郭があります。歯並びが乱れていたり、骨格により口元がボコっと出てコンプレックスを感じている人は是非お読みください。
あさみ | 8,681 view
ゴボ口をメイクでカバー😊まずはトライしてみて

ゴボ口をメイクでカバー😊まずはトライしてみて

目以外残念って残酷すぎる言葉だと思います…
みなたろす | 19,329 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

みなたろす みなたろす