2016年11月4日 更新

【保存版】イメージダウン回避!唇を「ガサガサ→ぷるぷる」に生まれ変わらせる方法

しっかり化粧をしているのに、なんでか残念な方を街で多く見かけます。 かわいく・美しく見せるポイントとして、肌の質感やアイメイクに力をいれるのはもちろんですが、見落としがちなのが「唇」。 中には口紅やリップがベタベタするから嫌い!という方もいますが、それなら尚の事「唇」の存在を重要視しましょう!

ガサガサ唇が与える相手へのイメージ

 (27095)

水分量が足りなかったり、皮膚が剥けていたり、血がでていたり…。
もし、初めて会う人の唇がガサガサだったらどんな印象を持ちますか?

ほとんどの人は、不衛生や不健康、身だしなみが整っていないなどのマイナスなイメージで、決して良いイメージを持たれないことは周知の事実だと思います。

特に現代での「唇ケア」は女性だけに対するものではなく、男性にも意識して欲しい部分です。
例えば、営業で会社を訪れてきた方が不健康・不衛生な印象だったらあなたは仕事を任せられますか?

人の印象は残念ながら「第一印象」でほとんどが決まってしまうことが大半です。この人なら大丈夫そう!少し話を聞いてみてもいいかな…と思わせる信頼度を高めるためには、しっかりとした身だしなみを整えることが重要!

良いスーツを着ていても、しっかり髪型をセットしていても、意識していない「唇」のせいで大事なチャンスを逃しているかもしれないのです…。

唇がガサガサになるNG行動5つ

 (27096)

1.唇を舐める・薄皮を無理にとっている

唇が乾燥しているからといって舌で舐めて一時的に潤しても、唾液が蒸発する際に余計に唇の水分もとってしまいます。また、唇についている薄皮も無理にとってしまうと、皮膚を守っている「角質層」が剥がれ、水分を保つことができなくなってしまいます。

2.唇の汚れをそのまま放置している

脂や刺激物(辛いもの・酸っぱいもの)をそのまま放置していると、その刺激で唇が荒れてしまいます。リップメイクをオフし忘れるのも同様で、メイクの油分が長時間、唇に付着していることで荒れや色素沈着を引き起こします。

3.ビタミンが不足している

食生活の乱れも唇をガサガサにしているひとつの原因です。特に肌や粘膜を守っているビタミンB・Cが不足すると肌・唇が荒れやすくなってしまいます。

(ビタミンB・Cを多く含む食材)
レモン・イチゴ・うなぎ・納豆・牛乳・カリフラワー・パプリカ・パセリ・ゴーヤなど…

4.胃腸の具合いが良くない

上唇は「胃」、下唇は「腸」を表しているといい、その状態が良くないことで血色不良や荒れが起こるといわれています。胃、腸が弱ると抵抗力が落ちるためその由縁なのかもしれません…。

5.ストレスを溜めこむ

ストレスを溜めこむと自律神経が乱れてしまうため、口内・唇の血液やリンパの流れが悪くなってしまいます。よって、乾燥が起こり、唇がガサガサになる場合があります。
56 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

安心♡手作りリップ♪作るのカンタン

安心♡手作りリップ♪作るのカンタン

自分で作るmyリップ!コスパ最高です♡
mariko | 540 view
めざせ石原さとみ♡デートの前にリップエステ!

めざせ石原さとみ♡デートの前にリップエステ!

歯医者さんで美リップになっちゃいましょう~!
cotoco* | 114 view
くちびるの荒れ、撃退の決定版!!

くちびるの荒れ、撃退の決定版!!

くちびるの荒れ、原因と対策を本気まとめ
linlin | 431 view
口周りの肌荒れ、どうにかしたーい

口周りの肌荒れ、どうにかしたーい

ガサガサだったり、赤くなったり。どうにかしたい
fugu | 263 view
「歯」でオトコを磨いてアゲる!

「歯」でオトコを磨いてアゲる!

男性諸君!歯こそが清潔感&印象UPのコツですぞ
mariko | 220 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

nao nao