2016年9月30日 更新

魚臭症って知ってる?

口臭や体臭、もしかしたら病気かもしれません

口臭や体臭、なんで無くならないんだろう…

厚生労働省のWebサイトによると、なんと「社会的容認限度を超える強さの口臭を持つ成人」は、平均15%も存在することがわかったんです!

口臭の原因は、大きく3つに分類されます。

それぞれ、原因の排除と習慣の改善で口臭は減ると考えられます

ドライマウス

ドライマウス

口内の唾液は、優れた除菌作用を持っています。しかしこの唾液が、
・口呼吸
・緊張状態の継続
・喫煙
などにより、適切な分泌が行われず、口の中が乾いたりネバついた状態になると口臭は酷くなります。
口内トラブルや細菌

口内トラブルや細菌

舌苔とは、死んだ細胞や新陳代謝ではがれた粘膜上皮の細胞や、食べ物の“かす”などが舌の上に溜まったもの。口の中にいる「嫌気性菌」という種類の細菌が、絶対のタンパク質やアミノ酸を分解して「揮発性硫黄化合物(VSC: Volatile Sulfur Compounds)」という物質を作ります。これが口臭の主たる原因物質です。
その他、当然に歯周病や虫歯、歯に食べ物カスが残っている、臭い玉があるなども口臭の原因になリます。
胃や食道の病気

胃や食道の病気

胃炎や逆流性食道炎と逝った食道の病気によっても、口臭は起こります。
胃が荒れている、胃から逆流してくるムカつきがあるなどの場合、口内トラブルからの口臭とは違い、「ツン」とした刺激臭が特徴です。

魚臭い「魚臭症」、別名「トリメチルアミン尿症」

魚が腐ったような臭いを放つ、「魚臭症」。自分の体臭が気になって様々な対策をとっているにも関わらず一向に改善をしないという人もいますが、そういった時にはこの魚臭症という病気にかかっている可能性もあるのです。
以前から「魚のくさったようなニオイ」で悩んでいます。親には「口が魚くさい」と指摘されたこともあります。最近は、汗だけでなく、尿も同じようなニオイがすることがありますが、何かの病気なのでしょうか?
体内で分解されるべきトリメチルアミンという物質が上手く分解されないことにより、汗、呼気、尿などから魚臭い強いにおいを発生
トリメチルアミンに魚の腐った臭いがあるため、体臭や口臭から同様の臭いを発してしまいます。
体の中に臭いを発するトリメチルアミンが発生、汗や息とともに排出されることです。
遺伝による分解酵素の分泌不全、または肝機能低下のため酵...

遺伝による分解酵素の分泌不全、または肝機能低下のため酵素がうまく働かないことが原因

通常、トリメチルアミンは体内で分解されますが、魚臭症候群にかかった人はこの物質をうまく処理することができません。
結果、トリメチルアミンは血液に乗って体全体にいきわたり、魚臭い体臭となって排出されてしまいます

臭い以外では特段症状はないが、経年と共に臭いがきつくなっていく

28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

歯磨きしてるのに何でニオうの…?その口臭、ガミースマイルが原因かも

歯磨きしてるのに何でニオうの…?その口臭、ガミースマイルが原因かも

いつまでもキレイな白い歯でいたいし、大好きなあの人にもっと近づきたい。だから毎日欠かさず歯磨きしてる。なのになんでか口臭が消えない…(´;ω;`)
sasami* | 183 view
なんだか無気力…そんな夏バテは身体だけのものじゃなかった??暑い季節に気を付けたい「お口の夏バテ」

なんだか無気力…そんな夏バテは身体だけのものじゃなかった??暑い季節に気を付けたい「お口の夏バテ」

五月病でぐったりしていた人、夏バテ対策できていますか? 「なんだかだるい~」とぐったりしてしまうのは、身体だけじゃなかったりします。
やな | 66 view
歯並びによる虫歯も歯周病も、デンタルフロスで予防しよう!

歯並びによる虫歯も歯周病も、デンタルフロスで予防しよう!

虫歯や歯周病から歯を守るためには、歯の汚れをきちんと落とすことから始まります。そのために歯ブラシだけでなく、併せてフロスを使うことが推奨されますが、デンタルフロスの良さはどこにあるのでしょうか。
あさみ | 396 view
口臭の原因は唾液不足?唾液が不足すると口臭がきつくなります!

口臭の原因は唾液不足?唾液が不足すると口臭がきつくなります!

歯磨きをきちんとしていても口臭が気になることはありませんか?口臭の原因は歯の病気、胃腸の不調など様々ですが、一番多いのは唾液の不足による口臭です。唾液不足を解消して口臭を改善しましょう!
romimiro123 | 222 view
急上昇中!「スメハラ女子」になってない?

急上昇中!「スメハラ女子」になってない?

えっ? 思わぬ「匂い」がスメハラに…!
cotoco* | 238 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

fugu fugu