2016年7月21日 更新

巷を騒がす、B級 C級グルメ♡【関東編】

ご当地ファストフードあれこれ。色々あるよ

ご当地フードの決定版ですて♡

安価で、贅沢でなく、庶民的でありながら、おいしいと評判...

安価で、贅沢でなく、庶民的でありながら、おいしいと評判の料理のことである。1985年、1986年ころから使われるようになっている

東京っていったら…やっぱあれですよね…

もんじゃ焼き♡

もんじゃ焼き♡

そのルーツは古く、江戸時代末期から明治にかけて、子供たちが出汁で溶いだ生地で鉄板に文字を書いて覚えながら食べていたのが始まりで、文字(もんじ)焼きと呼ばれていました。その後、埋立地として誕生した町、月島でとりわけ子供たちで賑わっていたのが路地の駄菓子屋です。店の奥に鉄板の焼台を置き、小麦粉を溶いて薄く焼いたものに醤油や蜜をつけて食べさせたのが、「もんじゃ焼」の始まりだそうです。

もんじゃ近どう 本店 (もんじゃ・こんどう)

もんじゃ近どう 本店 (もんじゃ・こんどう)
昭和25年に創業した老舗店。当初は駄菓子屋としてスタートしましたが、その片隅で作っていたもんじゃ焼きが巷の子どもたちに人気となり、もんじゃ焼き店に転換。月島にあるもんじゃ焼き店の中で最古のお店として、今も昔ながらの料理を提供しています。
八王子ラーメン

八王子ラーメン

鳥ガラを使ったダシ[7]に醤油タレと中細の中華麺を使うラーメンで、具はチャーシュー、メンマ、小松菜、味付けゆで卵が使われる事が多い[8]が、特徴はきざみ長ネギの代わりに「タマネギ」を使用する事であり、脂(あぶら)をスープの表面に浮かせる。

八麺会 初富士

八麺会 初富士
初富士は昭和34年に八王子駅南口の子安町に開店した。50年変わらぬその味は現在の場所に移転しても初富士ファンをひきつけてやまない。刻み玉ねぎのトッピングは今や八王子ラーメンの定義
八王子パンカツ!!

八王子パンカツ!!

八王子を代表するソウルフード!!C級グルメの決定版パンカツ。
たっぷりのラードで、パン&パンを揚げ焼きするという、ダイエッターには大敵なフードですが、どうやら美味しいらしいです…。

日本パンカツ協会

日本パンカツ協会
八王子発C級グルメ「パンカツ」を広めるために発足した"日本パンカツ協会"による公式ホームページです。パンカツとは、パンの両面に水で解いた小麦粉を浸し、さらにパン粉をつけて熱した鉄板上にラードを敷いてこんがり焼き、仕上げにウースターソースをかけで八等分に切り分けて食す、いわゆるパンをカツに見立てた食べ物です。戦後に開発されたおやつ感覚のc級グルメ的な食べ物です。

神奈川っていったら、やっぱあれですよ…

サンマー麵!!

サンマー麵!!

決して、秋刀魚が乗った麺ではない。
その歴史は古く、神奈川県横浜市中区の中華料理店から戦後(昭和22~23年頃)発祥したと云われおよそ60余年の歴史があります。当時は醤油味がベースのスープに具は肉・もやし・白菜、その季節に有る具にあんをかけた簡単なもの。しかし当時ではラーメンよりボリュームがあり美味しく、あんがかかっているので寒い季節は温まって元気が出てくることから徐々に商品化されお店にも並ぶようになってきたのです。

玉泉亭 - 伊勢佐木長者町/中華料理

玉泉亭 - 伊勢佐木長者町/中華料理
玉泉亭 (伊勢佐木長者町/中華料理) ネットでも、サンマーメンが美味しいと話題です。

中国料理・広東料理|聘珍樓(へいちんろう)

中国料理・広東料理|聘珍樓(へいちんろう)
聘珍樓。百三十余年の変遷は中国料理の伝統とともに・・・。ディナー、宴会、接待に関するご予約は横浜本店、日比谷、溜池山王、吉祥寺、溝口、大阪、小倉の各店までお問い合わせ下さい。コース料理を始め、北京ダック、上海蟹、点心そして小菜料理もお薦めです。また、漢方、医食同源、健康、美容、アンチエイジング等をテーマにした聘珍樓の薬膳料理をお試しください。
中華街の名店、聘珍楼。
サンマーメン発祥の店らしいですよー!!
よこすか海軍カレー

よこすか海軍カレー

日本のカレーのルーツであるとされている、海軍カレー。
海軍カレー本舗によると、「海軍カレー」と名付けるためには掟があるそうです…
○その1
「海軍割烹術参考書」(明治41年)のレシピをもとに現代に復元したカレーです
○その2
原則として、横須賀市内でしか提供できません
○その3
必ずサラダと牛乳をセットして提供しています
○その4
よこすか海軍カレーは「ご当地グルメ」です B級グルメではありません
○その5
カレーの街よこすかの認定店だけが名称使用を許可されています

(あ…B級じゃないんだ…)
http://yokosuka-curry.com/curry/teigi.html

千葉はですねぇ…

30 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

fugu fugu