2016年7月15日 更新

清涼飲料水をひも解いてみる

冷たくて美味しい清涼飲料水…しかし…

清涼飲料水とは、アルコールと乳製品以外のもの全て

今回は糖質を多く含むドリンクを見ていきます

清涼飲料水によって年間133,000人が糖尿病で死亡、45,000人が心血管疾患で死亡、6,450人ががんで死亡していると結論が得られました。
米タフツ大学教授らの分析調査における清涼飲料水の定義は、ソーダやフルーツドリンク、スポーツドリンク、甘いアイスティーなど、糖質の多く含まれたドリンク。1980年から2010年にわたって、51カ国、のべ約60万人を対象に行われた62の食品に関する既存の調査を分析した結果
清涼飲料水をほとんど飲まない女性と、ほぼ毎日飲んでいる女性を比較したところ、飲んでいるグループは1.83倍も脳梗塞に罹患(りかん)
男女約4万人を18年ほど追跡した、国立がん研究センターの大規模な研究

清涼飲料水を目の敵にはしたくありませんが、身体に良くない事は事実

甘いからいけないの?? 砂糖がいけないの??

砂糖ならば、むしろ良かった。他の糖質が最もまずかった。

清涼飲料水に入っている糖分はほとんど砂糖ではありません。

清涼飲料水に入っている糖分はほとんど砂糖ではありません。

清涼飲料水に使われているのは異性化糖という、でんぷんから得られるブドウ糖液を加工した糖で、一部を果糖に異性化することにより甘みを強めた糖です。
代表的な清涼飲料水に使用されている果糖ぶどう糖液糖は、異性化糖の中でも特に果糖とブドウ糖の割合で果糖の方が多くなっている物をいいます。

ネットで話題になった清涼飲料水に含まれる糖分を角砂糖に換算した写真

確かに糖分量にびっくりでしたが…

確かに糖分量にびっくりでしたが…

炭酸飲料の王道「コカコーラ」は、350ml缶で38.5g、角砂糖9個半ほどです。
500mlペットボトルで56.5g、角砂糖約14個の砂糖が入っています。飲んでいる時はそこまで感じませんが、意外と砂糖の量が入っています。

清涼飲料水に含まれる「果糖ぶどう糖液糖」

白砂糖は血糖値をあげ、身体の中でインスリンが放出されます。血糖値が上がり過ぎてインスリンが効かなくなる事により高血糖となり、糖尿病や膵臓がんのリスクを上げると言われます。
それに比べ、果糖は「血糖値をあげない」ので良いのではないか…と思われがちですが…

果糖の多くは肝臓でまっさきに処理され、余分はなんと優先的に中性脂肪に変換される。

thinkstock (11994)

この果糖は、血糖値があがっている すなわちインスリンが出ている状態においては、更に急速に中性脂肪へと変換されてしまうのです。

ならば、ブドウ糖ではないものならば良いのか

24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ペットボトル症候群ってなんだ

ペットボトル症候群ってなんだ

暑い時の水分補給にも、注意が必要ですよ
fugu | 505 view
甘ーい。けど、歯の「あまくない」話

甘ーい。けど、歯の「あまくない」話

砂糖と歯との関係とは…そこには…恐!!
fugu | 379 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

fugu fugu