2016年3月9日 更新

いびきを知って快眠を得る!!

いびき…うるさいだけではなく身体にも良くないかも

ご家族を悩ませる「いびき」。メカニズムから見ていきます

様々な病気や器質的な異常・障害、その他一時的な疲れやアルコールの影響などにより、軟口蓋や舌根が上気道をふさいで上気道が狭くなることがある。この状態で呼吸をすると、出入りする空気が塞いだ物を振動させて音が出る。
息がノドをとおるときの振動音です。起きているときには音はしませんが、寝ると舌のつけ根が奥へ下がり、そのまわりの筋肉もゆるむため、ノドが狭くなります。すると息をするとき、ノドの周囲の粘膜などがふるえて音が出るのです。
いびきは正常な呼吸音ではありません。

いびきは正常な呼吸音ではありません。

呼吸が正常に行われていないということは、身体が必要としている酸素が十分に供給されていないということ。つまり、いびきは慢性的な酸欠状態を引き起こしているのです。

迷惑をかけているだけでは済まされない「いびき」。ご自身にも影響が!!

ひとつの睡眠障害といえるのです!!

ひとつの睡眠障害といえるのです!!

ノドが狭まっているため、

◆取り込む空気が少ないため、血中の酸素不足
◆血管が拡張しての頭痛や頭重
◆免疫力の低下
◆自律神経のバランスの悪化
◆イライラ感や動悸、ほてり
など。

しかし、もっとも危ないのは、睡眠時無呼吸症候群!!

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)は、睡眠時に呼吸が止まる病気です。

医学的には、10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸です。
一般住民910人を対象とした調査では、無呼吸・低呼吸指数が10以上の「閉塞性」は男性3.3%、女性0.5%(全体で1.7%)という報告があるそうです。
この症候群は単に呼吸が止まるだけの病気ではありません。心臓、脳、血管に負担をかけるのです。実は、睡眠時無呼吸症候群があるだけで高血圧症、脳卒中、狭心症、心筋梗塞など循環器病を合併する危険が高まることがわかっています。
「いびき」と聞くと肥満の方の方が多いイメージがあると思いますが、東アジアの人はあごが小さく気道が狭い人が多いことはから、肥満がなくても「いびき」をかく人が多いとされています。
この様な理由から、近年では20代~30代の若い女性たちにも多いことがわかっています。
この様なことに3つ以上当てはまるヒトは要注意デスヨ!!!

この様なことに3つ以上当てはまるヒトは要注意デスヨ!!!

1.大きないびきをよくかいている
2.「睡眠中に呼吸が止まり、呼吸が再開するといびきをかく」と第三者に言われた
3.朝の目覚めが悪く、熟睡感がない
4.朝、起きた時に頭重感や頭痛がある
5.日中、眠くなることが多くて悩んでいる(会議中や運転中に眠くなるなど)
6.夜間にトイレに起きる回数が多くなった
7.最近体重が増加傾向である、メタボ傾向がある
8.扁桃腺が大きく、のどの風邪をひきやすい
9.息苦しさを感じて夜目が覚めることがある
10.生活習慣病を患っている
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

口呼吸が病気のリスクを高める!口呼吸のデメリットと鼻呼吸への改善方法

口呼吸が病気のリスクを高める!口呼吸のデメリットと鼻呼吸への改善方法

気が付くと口が開いていたり、寝ている間に口の中が乾燥する方は、口呼吸をしているのかもしれません。口呼吸は病気のリスクを高めるため口呼吸をやめて、鼻呼吸に移行するのがおすすめです。口呼吸から鼻呼吸に改善する方法をご紹介します。
romimiro123 | 474 view
口は呼吸するところではない!?口呼吸のアレコレ

口は呼吸するところではない!?口呼吸のアレコレ

口で呼吸し続けてきた人生よ、さらば
みなたろす | 598 view
「口がぽかーんと」…それ結構危険です!!

「口がぽかーんと」…それ結構危険です!!

開いた口が塞がらないっていう事ではなくて…
みなたろす | 461 view
【鼻呼吸】今日から実践編!!

【鼻呼吸】今日から実践編!!

かなり大切!!呼吸の仕方。鼻呼吸に変えて健康増進
fugu | 570 view
顔を変えたいなら、口呼吸をなおす!

顔を変えたいなら、口呼吸をなおす!

顎なしのままでいいのかい?
みなたろす | 2,557 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

fugu fugu