2016年10月3日 更新

絶対無理!歯医者に行きたくない!でも本当にそのままでいい?

行きたくないから行かない…をいつまで続けられるのか…

歯医者さんに行きたくない…!!

放置怖い、けど歯医者も怖い…
この絶対無理!って気持ちはすごく分かる…。
絶対無理…無理…

絶対無理…無理…

怖いし、痛いし、もう絶対無理…!!

「歯医者なんか絶対無理!」虫歯があっても歯医者に行っていない方、多数

歯医者さんが怖いです。本当に辛いです。助けてくださぃ
本当に怖い。
歯医者に行くくらいなら
このまま死んじゃったほうが楽なのかなって
考えたこともありました。。
歯医者に行くとか絶対無理なので、
今までは痛い時もなんとか乗り切ってた。

ただいつか、ありえないくらい痛みが来たら
それでも多分歯医者いけないだろうから、
その場合は、もう死ぬしかないなって思ってた。
死んだ方がマシ…というレベルだった様子…。
怖い…

怖い…

○歯医者さん自身が怖い
○治療が痛そうで怖い
○怒られそうで怖い
○恥ずかしくて行くのが怖い

などなど。
怖さの種類は多々あれど、これらが複雑に絡み合って足がすくむ。

ただ、「歯医者なんか絶対無理!」の果てにあるのは…

●虫歯がキッカケでアゴの骨を切断した女優:池波志乃
歯の根元の穴から菌が侵入し、下アゴを浸食、炎症を起こしていた
病院に行くのがもう少し遅ければ菌は下アゴ全体に浸食を続け、
最悪の場合、命を落とす可能性もあったという
顎を切断…。
しかも女優さんですから顔が変わる危険性もあったわけです…。
体の抵抗力が低下しているときに虫歯菌が心臓、脳、骨、鼻などに感染してしまう恐れがあります。
また、虫歯菌によって失明するケースが報告されています。
失明…。
虫歯の菌が原因で全身に症状が出て発熱などがみられるようになります。この段階になると顎だけでなく全身状態の経過を注意深く見る必要があり、CTやレントゲンなどが必要になることもあります。

この炎症が心臓や肺に影響を与え、死に至る場合があるのです。多くの人はこの前段階で治療を受けているため虫歯が死因となることは極めてまれです。しかしつい放置してしまうと、このような悲惨な結果を生むこともあるのです。
最悪死ぬケースもある。
虫歯は生きるか死ぬかというような問題ではないと思ってし...

虫歯は生きるか死ぬかというような問題ではないと思ってしまいがち

虫歯の怖いところは「激痛が走る」というのが最も進行した段階ではないところです。
激痛のあと、痛みがなくなるときがやってきます。

これは治ったわけではありません。
「痛みを感じる神経が菌に侵されて死んだ状態」なんです。
痛みすら感じないほどに酷い、とすると事の重大さが感じ取れると思います。

神経が死んで痛みがなくなるなら、それはそれでいい??

その神経があるから痛みを感じてしまうわけで。
ならいっそ神経がダメになってくれた方が、痛みなく過ごせていいのでは?
と一瞬思ってしまいますよね。

しかしこの死んだ神経は綺麗に消えてなくなるわけではありません。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大人の《口腔崩壊》が増加中!放置した重度虫歯の特徴・原因・治療方法

大人の《口腔崩壊》が増加中!放置した重度虫歯の特徴・原因・治療方法

「歯がぐちゃぐちゃでパンも噛めない」「人前では口を開けて笑えない」 そんなコンプレックスでお悩みの大人が、最近増えてきているようです。
小野ねね | 5,841 view
顔が変わる?虫歯の放置が招く顔面の異変

顔が変わる?虫歯の放置が招く顔面の異変

顔が変わるくらいに腫れる…
みなたろす | 18,734 view
重度の虫歯、どんな状態なの…

重度の虫歯、どんな状態なの…

自分でも「これはひどいよな」と自覚しているなら早めに歯医者さんへ
みなたろす | 1,744 view
梅雨に歯が痛くなる人いませんか?雨と痛みに負けない歯を作るために

梅雨に歯が痛くなる人いませんか?雨と痛みに負けない歯を作るために

雨が増える時期になってきました。 梅雨の時期になるとあらゆるところで痛みと戦っている人を見かけます。 歯痛もその一つ。なんで雨の日は歯が痛むのでしょうか…。
やな | 284 view
歯をどれだけ大切にできてますか?他国と比べる歯への意識

歯をどれだけ大切にできてますか?他国と比べる歯への意識

皆さんはオーラルケアや予防歯科に対してどのように考えていますか? 実は、日本人の歯に対する意識が他の国に対して低いと言われているんです。 歯が大切なのはわかっているけれど、特別意識したことはなかった。 そのような人はこれを機に歯への意識を高めてもらえればと思います。 何年先も健康な歯で健康な毎日を送れますように。
やな | 179 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

みなたろす みなたろす