2017年11月21日 更新

黒い歯、溶けた歯、グラグラの歯…。口腔崩壊はどこまで治せる?

口腔内がひどい虫歯などでボロボロになってしまう状況は子どもだけではありません。何らかの理由で歯科治療を行うことができなかったために、口腔内がひどい状態になっている大人の方は、決して少なくないのです。

虫歯を放っておいた結果・・・口の中が恐ろしいことに!

 (30717)

「ちょっと歯が黒くなってるし、冷たい飲み物が滲みるなぁ」
「でも歯医者に行くほどでもないし、時間もないから大丈夫だろう」
などと、ちょっとした異変を放置してしまうことはありませんか?実はこれが歯や歯ぐきをボロボロにする「口腔崩壊」のスタートなのです。

気が付けば虫歯だらけで歯が溶けてしまった・・・!その特徴とは

「口腔崩壊」。これは「う食(虫歯)」や「歯周病」「知歯周囲炎」などといった病名ではありません。
つまり明確な病気ではなく、一般的な定義として「10本以上の虫歯があり、歯根がないこと」を定義としています。
thinkstock (30720)

口腔崩壊とは

口腔崩壊という言葉は普段聞くことはほとんどありません。また、病気のような明確な定義がありませんが、一般的に10本以上の虫歯がある、歯根がない状態を指します。

その結果、食べ物の栄養摂取がうまくできなくなったり、そもそも食べられなくなったり、また顎が未発達になるなどの弊害が起こります。
 (30759)

虫歯が進行してボロボロになっています。
 (30760)

ひどい虫歯のため歯が真っ黒です。被せ物も変色していますね。
 (30761)

被せ物の下で再び虫歯になった、二次カリエスの典型的な例です。
プラークが付着し、歯石も溜まっています。
虫歯だけでなく歯周病も進行しています。

口腔崩壊になるとどうなるの?

thinkstock (30745)

口腔崩壊になると、様々な影響が起きます。
まずきちんと噛むことができません。
噛むことができないと体の健康を保つことができません。そして認知症のリスクが高まります。

見た目も変わります。歯がないと噛み合わせが崩れ、顔のバランスが悪くなります。
また顎関節症なども引き起こしてしまいます。

そもそもなぜ「口腔崩壊」が起きるのか??

ここまでひどい大人の口腔崩壊は、数ヶ月でなるものではありません。
大人の口腔崩壊の原因は、子ども時代から始まっていたのです。
43 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大人の《口腔崩壊》が増加中!放置した重度虫歯の特徴・原因・治療方法

大人の《口腔崩壊》が増加中!放置した重度虫歯の特徴・原因・治療方法

「歯がぐちゃぐちゃでパンも噛めない」「人前では口を開けて笑えない」 そんなコンプレックスでお悩みの大人が、最近増えてきているようです。
小野ねね | 2,401 view
諦めないで!ボロボロの"口腔崩壊"状態の歯でもまとめてキレイに

諦めないで!ボロボロの"口腔崩壊"状態の歯でもまとめてキレイに

毎日の生活に支障が出ない限り、ついつい後回しにしてしまいがちなむし歯治療。放置することで病状は悪化するばかりですが、口腔内がボロボロになってもまだ間に合います。たった1日で多数のむし歯を治療してもらうことも可能です。
dentalist | 438 view
虫歯、絶対放置NG!「根尖性歯周炎」がこわい!

虫歯、絶対放置NG!「根尖性歯周炎」がこわい!

虫歯を放置すると進行し、とんでもない痛みが…!
cotoco* | 1,981 view
絶対無理!歯医者に行きたくない!でも本当にそのままでいい?

絶対無理!歯医者に行きたくない!でも本当にそのままでいい?

行きたくないから行かない…をいつまで続けられるのか…
みなたろす | 1,048 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

あさみ あさみ