2017年3月2日 更新

キスマイの玉森くんも!前歯がギザギザしていたら生活習慣を見直そう

みなさんは、自分の前歯の先がギザギザしているなぁと思ったことはありますか?実は、前歯の先がギザギザしている人にはあるクセがあることが分かりました。今回は、前歯がギザギザしている人のお話です。

前歯がギザギザしている人

歯のギザギザの原因は?年齢とともに勝手に治るの?治す方法は? | 美人情報局 (29758)

あまり気にしたことがない人も多いと思いますが、よ~く見ると前歯の先がギザギザしている人がいます。
実は、この原因は1つではありませんが「前歯で噛んでいない」ということも大きな理由の1つです。
前歯がギザギザしている時は、きちんと前歯を使っていない証拠と言えます。

生え変わったときはギザギザ

実は、永久歯に生え変わったときはみんな前歯の先がギザギザしています。
きちんと前歯で噛んでいると、通常は2~3年で平らになるそうです。
生え変わったあと、上下の歯でしっかりと噛むうち、およそ2~3年でしだいに平らになっていきます。
また、噛み合わせが原因でギザギザしていることもあるので思い当たる人は注意してください!
出っ歯や受け口などで上下の噛み合わせが悪いと時間が経っても歯が平らにならず、ギザギザのままになることがあります。
gettyimages (29759)

酸蝕症(さんしょくしょう)の可能性

もう1つの原因は、 酸蝕症(さんしょくしょう)と呼ばれるもの。
これは、酸が原因で歯が溶けてしまう怖い症状です。
酸蝕症で溶けた歯を「酸蝕歯(さんしょくし)」と呼びます。
酸性度の高い飲食物のだらだら食べ、だらだら飲みや、摂食障害、逆流性食道炎などで歯が溶ける病気を酸蝕症といい、近年大きな問題になっています。
酸蝕症になると、酸によってしだいに歯が薄く脆くなり、変色やひび割れを起こし、歯先がギザギザになることがあります。
酸蝕症の原因も1つではありませんが、
・頻繁な嘔吐による胃酸の逆流
・酸性の食品を過剰に摂取する
・水泳など酸にさらされる職業
などが原因だと言われています。
33 件

この記事のキュレーター

永瀬なみ 永瀬なみ