2016年12月1日 更新

入れ歯のケアちゃんとしている!?間違ったケアをすると入れ歯はダメになる!

入れ歯をお使いのみなさん、きちんと入れ歯のケアしていますか?入れ歯のケアは非常に重要です。間違ったケアをしていると、入れ歯が使えなくなる可能性もあるんですよ。今回はそんな入れ歯のケアについてご紹介して行きます。

入れ歯をよく知ろう!

gettyimages (28203)

入れ歯といっても、色々種類があるのはご存知ですか?保険適用で作られたのか、自費で作られたのかによって種類も分かれます。その入れ歯には、大きく分けると4つの種類に分かれます。1.レジン床義歯2.金属床義歯3.ノンクラスプデンチャー(スマイルデンチャー)4.インプラントオーバーデンチャーです。レジンって何?クラスプって?とご不明な点が出てくると思いますので、ひとつひとつご紹介していきたいと思います。

レジン床義歯

入れ歯の種類|ザ・ホワイトデンタルクリニック (28435)

多分皆さん一番分かりやすいのがこの入れ歯だと思います。保険適用の入れ歯で、素材はレジン(プラスチック)が使われています。部分入れ歯の場合だと、自身の歯に入れ歯をかける留め金部分は金属になっています。保険が適応されるということで、安価で作ることが可能で、ほとんどの症例にも使用できるのがメリットなんですね。

金属床義歯

入れ歯の種類|ザ・ホワイトデンタルクリニック (28436)

入れ歯の土台の部分、義歯床が金属でできているものを金属床といいます。こちらは保険適用外になっておりますが、レジン床義歯と比べてみると、金属を使っていることにより、熱伝導がよく、より温かさを感じることができます。そして厚みがレジン床義歯程ないので、お口の中の異物感も、軽減されるのが特徴ですね。

ノンクラスプデンチャー(スマイルデンチャー)

入れ歯の種類|ザ・ホワイトデンタルクリニック (28437)

保険適用外の入れ歯です。留め金部分に金属を使用していないので、入れ歯と分かりにくいのが特徴。保険のレジン床義歯ですと、クラスプの部分がどうしても金属になってしまうので、入れ歯の部位によっては入れ歯をしていることが、目立ってしまうんです。なのでその金属を使用していない分、ノンクラスプデンチャーは入れ歯を目立ちにくくさせてくれるのです。

インプラントオーバーデンチャー

入れ歯の種類|ザ・ホワイトデンタルクリニック (28438)

ご自身の歯が一本もない場合、患者さんの口腔内によって変わりますが、数本のインプラントを使用し、そのインプラントを支えにします。その上に入れ歯を装着するのがインプラントオーバーデンチャー。このインプラントオーバーデンチャーは顎に食い込まないことや外れにくいこと、そして歯の大きさを小さくできるんですよ。強く引っ張らないと取れないことから、食事中に外れてしまう心配もなしで安心です。
40 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

認知症と咀嚼は関係が深かった!!

認知症と咀嚼は関係が深かった!!

歯の数は、こんなところにも関係があったとは…
fugu | 368 view
入れ歯・義歯を快適に使う♪お手入れと管理

入れ歯・義歯を快適に使う♪お手入れと管理

入れ歯や義歯は体の一部♪永く快適に使えるヒントまとめ
mariko | 360 view
口腔粘膜の褥瘡性潰瘍(じょくそうせいかいよう)って何?

口腔粘膜の褥瘡性潰瘍(じょくそうせいかいよう)って何?

お口の病気。結構身近に潜んでます…
fugu | 506 view
歯科技工士のお仕事♪

歯科技工士のお仕事♪

義歯をつくる歯科技工士のお仕事ってどんなかな?
mariko | 196 view
誤嚥性肺炎・嚥下障害・口腔ケア

誤嚥性肺炎・嚥下障害・口腔ケア

高齢者の死因になる誤嚥性肺炎の予防に口腔ケア
mariko | 165 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

winter2210_d winter2210_d