2018年5月10日 更新

歯の5月病??ぐったりつらいのは体だけではないかも!

五月病が蝕むのは身と心だけではなかったりする…。

歯ぎしり

thinkstock (32157)

五月病による体調不良は、自律神経の乱れが関係しています。また、自律神経が乱れると、私たちはストレスを感じやすくなります。そのストレスによる厄介な症状のひとつが、歯ぎしりです。

歯ぎしりによって健康的な歯が一時的に横方向に揺らされてしまった場合、歯に余計な負担がかかって歯を傷つける危険があります。また、ストレスで神経も過敏状態になるので、歯痛が生じるケースも考えられます。

噛み合わせ

thinkstock (32155)

ひとはストレスを受けると、無意識に歯を噛みしめてしまうことがあります。そして、噛みしめや食いしばりの回数が特に多いのが、睡眠中です。寝ている間に長時間にわたって歯に過剰な力が加わることで、噛み合わせが悪くなる上に、エナメル質が摩耗されて知覚過敏を引き起こしてしまう場合もあります。

さらに、噛み合わせが悪くなると、そのせいでまたストレスを招くという悪循環に陥ることも少なくありません。しかも、寝ている間に無意識のうちに悪化してしまうものなので、原因に気付きにくい点が非常に厄介です。

黄ばみ・汚れ付着

thinkstock (32163)

ストレスで唾液の分泌量が低下すると、歯の色にも悪影響を及ぼすことがあります。唾液の力が弱まることで口腔内の洗浄作用が落ち、細菌が増殖するので、歯の表面に汚れが付着しやすくなるのです。その黄ばみが蓄積されると、歯磨きだけでは落とせない頑固な汚れが定着してしまいます。

歯が黄ばんでいると、ニッコリ笑ってもあまり健康的に見えません。そればかりか、美容面でもマイナスに働き、鏡にうつった自分の顔を見てさらにストレスを感じる…という悪循環に陥ることも考えられます。
thinkstock (32162)

倦怠感や食欲不振などを感じている人は、
自身の免疫力が下がっていることを忘れてはいけません。

また溜まるストレスなどによって、良くなるどころかさらに億劫になってしまうことも。

生まれるのは負の連鎖ということです。

一見、関係ないように感じるかもしれませんが、
歯のSOSはやがて身体のSOSにつながっていくように、
とても深い関わりがあるのです。

健康な体作りにおいて歯の役割はかなり大きなものですからね。

お口の5月病から救う!

thinkstock (32164)

しかし、そのままではもちろんいけません。
起きてしまった歯のトラブルは、
自然に治るものではありませんからね。
歯周病も噛み合わせも歯の黄ばみも歯医者さんで治すことが可能。
気持ちを一新させるためにも、
重たい体を起こして歯医者さんに足を運んでほしいです。
トラブルを抱え、放置してしまった歯の行く末は恐ろしいものです。
5月病の人も歯医者さん行きましょう(;_;)!
59 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

歯周病治療って具体的に何をするの?今更聞けない歯周病の話

歯周病治療って具体的に何をするの?今更聞けない歯周病の話

虫歯治療ならなんとなくイメージが出来るのですが…
みなたろす | 148 view
大人の《口腔崩壊》が増加中!放置した重度虫歯の特徴・原因・治療方法

大人の《口腔崩壊》が増加中!放置した重度虫歯の特徴・原因・治療方法

「歯がぐちゃぐちゃでパンも噛めない」「人前では口を開けて笑えない」 そんなコンプレックスでお悩みの大人が、最近増えてきているようです。
小野ねね | 4,639 view
ひどい肩こりの原因は「歯列接触癖」かも?

ひどい肩こりの原因は「歯列接触癖」かも?

歯列の接触は肩こりにも大影響•̀.̫•́✧
cotoco* | 574 view
市販の薬で歯周病は治りますか?

市販の薬で歯周病は治りますか?

病院に行かずに治せるなら…
みなたろす | 144 view
歯周病は遺伝するのか!?

歯周病は遺伝するのか!?

家族親類に歯周病の人がいたら要注意!
みなたろす | 75 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

やな やな