2017年3月3日 更新

除菌器って何?歯ブラシの除菌方法と1~2ヶ月での交換が必要な理由

年が変わったら歯ブラシも交換♪なんて思っているあなた!実は歯ブラシは毎月の交換を推奨されているようですよ!でも、それって少しもったいないような...と思う人もいるようです。今回は、歯ブラシの除菌についてお話します。

絶対NGな殺菌方法

上記の方法以外にも、“煮沸消毒”や“漂白剤”が思いついた人はいるのではないでしょうか。
でも、この2つは絶対にやめてください。
thinkstock (29806)

とくに“漂白剤”はすすぎ残しがあると大変キケンです!!
ただし、赤ちゃんの哺乳瓶などを消毒するタイプなら大丈夫。
たとえキッチン用でも、それ以外の漂白剤を使うのは絶対にやめてくださいね。
歯ブラシの材質は、耐熱温度は80℃以下となっているものがほとんどです。

そういった歯ブラシを熱湯消毒してしまうと、歯ブラシを傷めてしまいます。
漂白剤などの口の中に入れるには危険がともなう薬液は、すすぎ残しの恐れもあるため、煮沸消毒や漂白剤による消毒は控えてください。

おわりに

thinkstock (29808)

いかがでしたか?
殺菌はできないということは、やっぱり最低でも2ヶ月に1回は交換する必要があるということ!
少しもったいない気もしますが、見えなくても実は細菌だらけなのでマメに交換することをオススメします。
毎月もしくは奇数月の1日を「歯ブラシ交換Day」とすると覚えやすいですよ。

また、家族の歯ブラシ同士が触れると菌が移ってしまうこともあるそうなので、それぞれの歯ブラシが触れないくらいの間隔で立てておいてくださいね。
39 件

この記事のキュレーター

永瀬なみ 永瀬なみ