2016年7月12日 更新

口の中が乾く……現代病”ドライマウス”って?

最近、増えているドライマウスを調査!

ドライマウスってなんだろう?

唾液が出ずに、口の中が乾く現代病「ドライマウス」(口腔乾燥症)。唾液の分泌が低下して口の中が常に乾いている状態のことを言います。ドライマウスが進行すると、”舌がひび割れる””物を飲み込めない””歯が悪くなる”といった辛い症状に悩まされるハメに……。
唾液はお口の健康に必須!

唾液はお口の健康に必須!

唾液って汚いと思う人も多いかもしれないけど、抗菌作用により、口の中の雑菌の繁殖を防いでくれる効果があるんです。唾液が足りなくて口の中が乾くと、虫歯や歯周病にかかりやすくなって、口臭の原因にもなってしまいます。

こんな人は要注意! ”ドライマウス”チェックリスト

チェック項目が多い人ほど要注意。ドライマウスの可能性が。 早速チェック!
□ 口の乾きが3か月以上毎日続いている
□ あごの下が繰り返し、あるいはいつも腫れている
□ 乾いた食べ物を飲み込む際にしばしば水を飲む
□ 日中水をよく飲む
□ 夜間にのどが渇いて水を飲む
□ 乾いた食品が噛みにくい
□ 食べ物が飲み込みにくい
□ 口の中がネバネバする
□ 口の中が粘ってしゃべりにくい
□ 口臭がある
□ 義歯をしているせいで傷つきやすい

[SUNSTAR]Mouth & Body PLAZA - M&Bスクール[履修科目] - 唾液学科_唾液の役割、唾液に関する病気

[SUNSTAR]Mouth & Body PLAZA - M&Bスクール[履修科目] - 唾液学科_唾液の役割、唾液に関する病気
Mouth&Body PLAZA(MBプラザ)は、サンスターが提供する、歯とおくちの健康情報を通して、あなたのカラダの健康を考えるコミュニケーションの広場です。
唾液の役割

唾液の役割

☆唾液は酸を中和する
☆自浄作用
☆再石灰化作用
☆消化作用

ドライマウスにならないために気をつけるべきことは?

日常生活で気をつけるべきなのは、お口に刺激を与えないようにすることです。
アルコールや香辛料などは刺激となり、口腔乾燥を進めてしまいます。
歯磨きやうがいなどで、細菌を繁殖させないようにすることが大切ですが、アルコール入りのマウスウォッシュやデンタルリンス等は、刺激が強すぎるので、使用しないで下さい。
舌ブラシなどで舌をこする行為は、舌の表面組織を痛めて、乾燥を促進させます。

ストレスフリーの人はお口の中も健康に!

自律神経がストレスでバランスを崩すと不眠や頭痛、肩こり、耳鳴りといった症状を引き起こすだけでなく、唾液腺に及ぶと唾液分泌が抑制されてしまうことも。悩み事やイライラなどが続くと、交感神経が優位の状態にあり、唾液を分泌させる作用がある副交感神経機能が低下。緊張した時に口の中がカラカラに乾くのもこれが原因なんです。
ストレスフリーの人は唾液が多い

ストレスフリーの人は唾液が多い

唾液の分泌を促進するのは自立神経のうち、心身共にリラックスしている時に働く副交感神経なんです。
20 件

この記事のキュレーター

yuki yuki