2016年9月28日 更新

歯磨き 水の使用を最小限に抑えた歯磨き術

覚えておくと便利です、最小水での口内ケア

いつ、身に降り掛かるか解らない災害。

災害時の水不足は深刻ですが、口内ケアも重要です。

精神的ストレスなども重なり体の抵抗力が落ちてしまいます。そんな時にお口の中を不潔にしていると、細菌が増え、虫歯、歯周病、感染症にかかりやすくなります。
口は肺への入り口。
避難所生活や水不足によって口の中を清潔に保つことができないと、お口の中の菌が身体に悪影響を及ぼす危険があります!!
被災直後からしばらくは貴重な水を歯磨きに使うことがためらわれ、口の中を清潔にすることが難しくなります。
しかし、口内ケアを怠ると大変な事態を引き起こします。

しかし、口内ケアを怠ると大変な事態を引き起こします。

口内を清潔に出来ないことで、歯周病リスクを格段にあげてしまいます。
歯周病菌は歯ぐきの毛細血管から侵入し、体内に入り全身を巡ると動脈硬化や糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞、肺炎などを発症・悪化させる恐ろしい口腔疾患です。
また、高齢者は口の中で繁殖した細菌が気管に入ることで肺炎〈誤嚥(ごえん)性肺炎〉になる可能性を高めます。

大事な水を最小限に使用する歯磨き術

洗口(ブクブク・クチュクチュ)が可能な自立度のある方の場合

gettyimages (7212)

1,洗口2回分の水(約30mL)をコップ A(最後に洗口で使用)として準備。

2,別のコップ B(歯ブラシすすぎ用)に約20mL の水を用意し、その水で歯ブラシを濡らしてから口の中へ入れ、歯みがきを開始。(適宜「加湿」しながら磨くのがポイント)

3,歯ブラシが徐々に汚れてきますので、①のティッシュペーパーで歯ブラシの汚れをで きるだけで吸い取り、③のコップ B で歯ブラシをすすぎ、また歯みがき、これを小まめに繰り返 します。
(ティッシュペーパーで歯ブラシに付着した汚れをうまく吸い取ることができれば、コップ Bの水があまり汚れません)

4,最後に、②のコップ A の水で2回洗口します(1回あたり15mL)。30mL 一気に含むのではなく、2回に分ける方が圧倒的にきれいになります。
※イソジンガーグルなどのうがい薬、デンタルリンス、洗口液が入手できれば、③のコップ Bと、②のコップ A の2回目の洗口時に、少量でも添加できれば効果的!

http://www.oralcare-jp.org/saigaiji/pdf/minimum_water.pdf

洗口が難しい要介護者や嚥下障害がある方の場合

thinkstock (7215)

■洗口ができない方の場合には、顔を左右どちらかに向けて(麻痺がある場合には、麻痺のない側に向けるのが一般的)、水が喉の方へ流れにくいよう注意します。また、下になった側の頬粘膜に濡れティッシュなどを置きます。

②コップに約20mL の水を用意し、その水で歯ブラシを濡らしてから口の中へ入れ、歯みがきを開始。(適宜「加湿」しながら磨くのがポイント)

③歯ブラシが徐々に汚れてきますので、①のティッシュペーパーで歯ブラシの汚れをできる範囲で吸い取り、②のコップで歯ブラシをすすぎ、また歯みがき、これを小まめに繰り返します。(ティッシュペーパーで歯ブラシに付着した汚れをうまく吸い取ることができれば、コップの水があまり汚れません。歯ブラシすすぎ用コップの水の汚染が強い場合には、歯ブラシ加湿用のきれいな水の入ったコップをもう1つ準備します。)

④歯みがきで口腔全体に汚染物が散乱している可能性がありますので、まず頬粘膜に置いた濡れティッシュを回収します。そして、水で湿らせた綿棒やスポンジブラシで奥から手前へ、目には見えない汚染物を回収するイメージで清拭します。濡らしたガーゼなどを指に巻きつけて、絡め取るのも悪くありません。
※イソジンガーグルなどのうがい薬、デンタルリンス、洗口液が入手できれば、②のコップに少量でも添加、④で併用できれば効果的。

洗浄水を使わない口内ジェル

国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)の角保徳・歯科口腔(こうくう)先進医療開発センター長(高齢者歯科)らは、メーカーと協力して水を使わないケア専用の「お口を洗うジェル」を実用化、誤嚥を避けて汚れを落とすシステムを開発した。
口の中をよく見てジェルを塗り込み、汚れが柔らかくふやけるまでの間に歯をブラッシング。ふやけた汚れもスポンジやブラシでかき取る。

ニシカ お口を洗うジェル(80g)

1,620
「お口を洗うジェル」は口腔ケアに適した特性を追求して生まれた口腔ケア用ジェルです。
塗り広げやすく、たれにくいジェルが汚れを軟化させて、からめとります。
吸引、除去しやすい性状なので、ジェルで汚れをからめとりながら、すばやく吸い出すことができ、誤嚥の心配がある患者さんに「水を使わない口腔ケア」をおこなうことができます。

唾液の力に着目した歯磨き剤

26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

歯並びによる虫歯も歯周病も、デンタルフロスで予防しよう!

歯並びによる虫歯も歯周病も、デンタルフロスで予防しよう!

虫歯や歯周病から歯を守るためには、歯の汚れをきちんと落とすことから始まります。そのために歯ブラシだけでなく、併せてフロスを使うことが推奨されますが、デンタルフロスの良さはどこにあるのでしょうか。
あさみ | 358 view
世界の虫歯対策を学んで、キレイな歯を取り戻そう!!

世界の虫歯対策を学んで、キレイな歯を取り戻そう!!

無駄な歯磨きをしていませんか!? 各国の虫歯対策が進む中、日本は遅れに気付かず虫歯予防が出来ていない現状を真摯に受け止め、今日から出来る虫歯対策をしましょう!
k18.e13.i8 | 325 view
ミントが嫌いなお子様に◎ちょっとユニークなプレゼントにも!

ミントが嫌いなお子様に◎ちょっとユニークなプレゼントにも!

歯磨きというより歯磨き粉がキライ!という方へ
sasami* | 260 view
歯磨きだけでは不十分。虫歯にならないためにデンタルフロスを使おう!

歯磨きだけでは不十分。虫歯にならないためにデンタルフロスを使おう!

毎日の歯のケアはどのようにしていますか?実は、歯ブラシだけでは歯と歯の間の汚れを取ることができないため、毎日のデンタルケアが歯ブラシでの歯磨きだけという方は要注意です。この記事では、歯磨きにプラスして、デンタルフロスを使って歯の汚れを取る方法をご紹介します。
romimiro123 | 221 view
「自分は大丈夫」が一番ヤバイ! 1年以上歯医者に通っていない人が要注意な理由

「自分は大丈夫」が一番ヤバイ! 1年以上歯医者に通っていない人が要注意な理由

「一度も入院したことがない」や「病院に通ったことがない」と自慢する人がいますが、「歯医者に通ったことがない」という人は要注意!実は虫歯や歯周病が取り返しのつかないところまで進行している可能性があります。しっかり歯磨きしている…特に痛みは感じない…という人でも、なぜ歯医者に通ったほうが良いのでしょうか?今回は歯医者に定期的に通うメリットについて紹介します!
nao | 1,444 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ゆう ゆう