2018年6月21日 更新

気付けてますか?歯のSOS!無意識の「歯ぎしり」「食いしばり」が引き金の怖い口腔トラブル

「ギリギリ…」無意識でしているその歯ぎしり。 「ギリィ…」と噛み締めている歯。 その癖、その習慣があなたの歯を追い込んでいるかもしれません。

歯周病以外にもこんな症状が…

gettyimages (32934)

歯ぎしりによって引き起こされる症状は、歯周病だけではありません。
今からご紹介させてもらう症状は、
容姿に気を使う女性であれば、気を付けておきたいものです。

気を付けたい「くさび上欠損」

くさび状欠損は歯の生え際の部分に発生するため目に付きやすく、歯の見た目の長さ(歯肉の位置)が周囲の歯と異なるため、審美的な問題にも繋がります。
また、歯の表面を守るエナメル質が欠損してしまうため、冷たいものがしみるなどの知覚過敏の症状も出てくる可能性が高いです。

昔は、誤ったブラッシング・強すぎるブラッシングが原因で発生すると言われていましたが、ブラッシングの影響を受けない部位や、歯磨きの習慣のない人や動物などにもくさび状欠損が生じることが確認されているほか、前述のアブフラクションの研究などが進んできたこともあり、ブラッシングが原因であるとする考え方疑問視され、現在は歯ぎしりなどによるアブフラクションが主な原因と考えられています。
「キレイな歯であり続けたい」
美容への意識が高い女性であれば、
審美的な問題につながるこの症状は避けたいところです。
美しく、きれいな歯は女性の魅力をより引き出すもの。
また、こちらも冷たいものがしみるといった症状があります。
冷たいドリンクや食べ物が美味しいこれからの時期。
ならないように気を付けていきましょう。

睡眠時以外の「歯の食いしばり」にも注意!

『自分は歯ぎしりしてないから大丈夫~(^^)』

『自分は歯ぎしりしてないから大丈夫~(^^)』

『自分は歯ぎしりしてないから大丈夫~(^^)』 と思っている人も要注意!!
ストレスが歯ぎしりの原因になっているように、
人は緊張状態や集中していると無意識で歯を食いしばってしまうことがあります。
つまり歯にダメージを与えている時間は、睡眠時以外にもあるということ。

お仕事をしているとき、お勉強をしているとき。
何気なくスマートフォンを操作しているとき。
歯を食いしばってしまっている人はお気をつけください。

歯ぎしり・食いしばり 対策!

gettyimages (32945)

恐ろしい口腔トラブルを防ぐためにも、
やはり歯ぎしりや食いしばりを克服しておきたいところ。
日常生活の中でできる改善策を通して、
質の良い眠りと健康的な歯を取り戻していきましょう。

■ ストレスや不安の解消

現代は、ストレス社会。できる限り、ストレスを溜め込まないようにすることが大切です。

性格が真面目、神経質、完璧主義というタイプの方は、心配事や不安な気持ちを持ちやすい傾向にあります。

仕事やプライベートで、心配ごと、懸念事項は誰にでもあるものです。なるようにしかならないと腹をくくって、くよくよ考えないことを意識してみてください。

悩みを話せる友達に相談する、リラックスできる環境や過ごし方で気持ちを落ち着かせるなど、いろいろな方法を試してストレスを溜め込まないよう行動しましょう。
やっぱり一番の原因を取り除くことが解決の近道かなって思います。
しかし、お仕事が忙しければストレスをため込まないというのは難しいと思います。
自分がリラックスできる時間、趣味に夢中になれる時間を作ってあげることを心掛けてみてください。
その中で、湯船に浸かったり、バランスの取れた食事をとったり、
生活習慣を正していただければと思います。

■ リマインダー法

リマインダー法(認知行動療法)とは、歯ぎしりや食いしばりを自分がどんな時にしているのか発見し、止められるようコントロールする方法です。
これは起きている時無意識に行っている歯ぎしりへの対処法なのですが、自分の生活習慣を細かく観察し、歯ぎしりのしているタイミングを自覚できるようにするものです。
歯ぎしりのタイミングが自覚できるようなった後、目に見える場所に「歯ぎしりしない」などメモを置いておくことで歯ぎしりと止めるよう習慣をつくります。
徐々に歯ぎしりの習慣を改善させる方法なのです。
仕事中などに『噛み締め癖でよく歯が痛くなる…』という方はこの方法がおすすめです。
ディスクワークなどであれば、PCや机に付箋を貼っておき、
目に入ったら食いしばっていないか、
歯を噛み締めていないかを意識することができますよね。

■ ストレッチやマッサージ

無意識のうちにする歯ぎしりの力は強く、筋肉が緊張している状態になっているので血行が悪くなったり、筋肉が凝ったままになっていることが多いです。
ですので、それをほぐすためにも生活の中にストレッチやマッサージを取り入れながら改善をしていきましょう。
リラックス効果も期待できます。
忙しく、なかなか運動ができないという人や、
ディスクワークで長時間同じ体勢が続くという人にも良いと思います。
睡眠時に合わせて、活動時間内でも歯ぎしりをしてしまうという人は、
リマインダー法と合わせて行ってみるといいかもしれません。
50 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

歯周病の原因は「歯周菌」!?

歯周病の原因は「歯周菌」!?

歯周病は様々な要因が重って起きていた!
WEBwriter | 216 view
自律神経の乱れって、歯と関係あるって話…

自律神経の乱れって、歯と関係あるって話…

夏の疲れのストレス、これで乱れちゃうかも…
fugu | 5,394 view
地味にツライ蓄膿症、その原因の1つは歯のトラブルにあった…?!

地味にツライ蓄膿症、その原因の1つは歯のトラブルにあった…?!

出勤や通学はできる程度でも本人にとっては地味~にツライ蓄膿症。そんな鼻のトラブルの元が「歯」にあるかもしれないんです…!
sasami* | 53 view
なんだか無気力…そんな夏バテは身体だけのものじゃなかった??暑い季節に気を付けたい「お口の夏バテ」

なんだか無気力…そんな夏バテは身体だけのものじゃなかった??暑い季節に気を付けたい「お口の夏バテ」

五月病でぐったりしていた人、夏バテ対策できていますか? 「なんだかだるい~」とぐったりしてしまうのは、身体だけじゃなかったりします。
やな | 54 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

やな やな