2016年9月29日 更新

活性炭で歯が白くなるってホント?

活性炭歯磨き、実践の価値がありそうですよ

海外でも話題の「活性炭」でホワイトニング

活性炭の表面には、数ミクロン単位の小さな穴がたくさん空いていて、この穴が汚れやにおいなどを取り込んでくれるのです。
活性炭は脱臭効果や、汚れを強く吸着する機能を持っており、冷蔵庫の脱臭や水槽の水を綺麗にするフィルターなどに使われています。
エナメル質が薄くなる歯の変色は長期対策が必要ですが、着色汚れはこの活性炭を使うと、超短期間で効果を出すことができます。
活性炭がプラークや口腔内細菌に吸着して、口腔内をより清潔にしてくれ、結果として歯周病や虫歯の予防につな がる可能性があります。
thinkstock (9872)

「汚れ」や「臭い」の元となる微粒子を、自らの穴に押し込んでしまいます。活性炭を使うと、汚れが落ちるのは、こういう理由です。
結果としては、ヤニと紅茶の着色だらけの私の歯には効果覿面で、1回でホワイトニング効果が実感できました。

磨き方は簡単。歯ブラシを濡らして活性炭の粉末をまぶし磨くだけ

活性炭で歯のホワイトニングする方法 LNH Show Episode #219 - YouTube

チャコール(活性炭) 100粒 2個セット

2,130
活性炭の分子内には、いくつかの「小部屋」があり、ここに不要な物質やガスを強力な吸引力で閉じ込めてしまいます。この性質を活かし、消臭剤や水質浄化剤として利用されています。
この活性炭は環境にやさしいことから注目され、人体への安全性も確認されています。
ネーチャーズウェイの「チャコール」には、吸着性の高められた活性炭を1粒 に280mg配合しています。
 (9901)

まずは一日1回を3~5日間続けましょう。
その後は週に1度から、綺麗な状態が保てるようになってからは2~3か月に1度。
無理のないペースで、十分ホワイトニングに効果を発揮します。

そもそも、活性炭とは??

活性炭とは、原料となる石炭やヤシ殻などの炭素物質を高温でガスや薬品と反応させて作られる、微細孔(直径1~20nm)を持つ炭素を指します。
表面が非極性の性質を 持つため、水のような極性分子は吸着力が低く、細孔より小さな粒状の有機物質を選択的に吸着しやすいという特性を備えています。

この優れた吸着効果により、様々な美容商品も出てる!!

 (9907)

米ABCニュースのウェブ版では「Charcoal Next Big Thing in Beauty」というタイトルで木炭が美容市場で次のブレイク商品として注目されている
24 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

fugu fugu