2016年9月28日 更新

歯磨き粉の活用法

歯磨き粉はいろいろ使える!意外な使い方ご紹介♪

歯磨きに使う歯磨きペースト、実はいろいろな使い方がある♪

歯磨き粉は、万能選手の研磨剤

歯磨き粉は、万能選手の研磨剤

<歯磨き粉の基本成分>

●清掃剤(研磨剤)
働き:歯の表面を傷つけないようにしながら、プラークやステインなどの歯の表面の汚れを落とす。
主成分:リン酸水素カルシウム、水酸化アルミニウム、無水ケイ酸、炭酸カルシウム

●湿潤剤
働き:歯磨き剤に適度の湿り気を与える成分。
主成分:グリセリン、ソルビトール

●発泡剤
働き:口の中に歯磨剤を拡散させて洗浄し、汚れを取る。
主成分:ラウリル硫酸ナトリウム

●粘結剤
働き:粉体と液体成分とを結びつけ、保型性と適度の粘性を与える。
主成分:カルボキシメチルセルロスナトリウム、アルギン酸ナトリウム、カラギーナン

●香味剤
働き:香味の調和のために配合、爽快感と香りで歯磨剤を使いやすくする。
主成分:サッカリンナトリウム、メントール、ミント類

●保存料


歯磨き粉には、研磨剤が入っているんです。
これが、クレンザーよりマイルドで、使えるんですね♪

歯磨き粉のさまざまな使い方♪

ジュエリーをきれいに磨き上げる

ジュエリーを傷つけないように磨くことができます

ジュエリーを傷つけないように磨くことができます

柔らかい歯ブラシに歯磨き粉を少しつけて、
くすんでしまったジュエリーをブラッシング。
柔らかい布で拭き取って、
磨いてあげると綺麗になります。
または、水で洗い流してもきれいにピカピカに!

※真珠はデリケートで傷ついてしまうので、歯磨き粉は不向きです。

携帯、腕時計のガラスの傷を目立たなくする

スマホや腕時計の傷をめだたなくする

スマホや腕時計の傷をめだたなくする

携帯の表面に細かいひっかき傷があったら、
キズのある個所にやさしく塗りこむ。

これでキズが目立たなくなるそうです。
腕時計のガラス部分にも同じように使えます。

クレヨンの落書きを消す

クレヨンの落書きを消す

クレヨンの落書きを消す

子供が壁に書いてしまったクレヨンの落書き。
これを歯磨き粉で落とすことができます。

古くなった歯ブラシに歯磨き粉をつけて、
クレヨンの落書きをやさしくこすりとります。

虫刺されのかゆみを抑える

虫刺されの応急処置に使える

虫刺されの応急処置に使える

蚊にさされて、かゆい! 

そんな時に、歯磨き粉をつけると応急処置になります。
歯磨き粉には、虫刺されのかゆみや刺激を
やわらげてくれる効果があるんですって。

ネイル磨き♡

手足の爪がきれいに輝く

手足の爪がきれいに輝く

歯磨き粉で歯を磨くのと同じように、足の爪や指の爪を磨くときれいになり、ツヤも出ます。
マニキュアを塗った爪でも大丈夫。
歯磨き粉を少しつけて磨くと、ツヤが出ます。
爪は丈夫になるし、輝きもでます。

手に付いた匂いが綺麗さっぱり!

手に付いたニンニクや魚の匂いがとれる

手に付いたニンニクや魚の匂いがとれる

料理をしていて手に付いた、魚やニンニクなど匂い。
なかなかとれなくて困るこんな匂いをとってくれます。

歯磨き粉で手を洗って、水でよーくすすぐと、
しつこい匂いもちゃんと落ちます。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

美人はみんな歯磨きが好き?

美人はみんな歯磨きが好き?

外見と内面、その人の人間性が共に出るのが歯の美しさ
みなたろす | 626 view
ミントが嫌いなお子様に◎ちょっとユニークなプレゼントにも!

ミントが嫌いなお子様に◎ちょっとユニークなプレゼントにも!

歯磨きというより歯磨き粉がキライ!という方へ
sasami* | 172 view
「自分は大丈夫」が一番ヤバイ! 1年以上歯医者に通っていない人が要注意な理由

「自分は大丈夫」が一番ヤバイ! 1年以上歯医者に通っていない人が要注意な理由

「一度も入院したことがない」や「病院に通ったことがない」と自慢する人がいますが、「歯医者に通ったことがない」という人は要注意!実は虫歯や歯周病が取り返しのつかないところまで進行している可能性があります。しっかり歯磨きしている…特に痛みは感じない…という人でも、なぜ歯医者に通ったほうが良いのでしょうか?今回は歯医者に定期的に通うメリットについて紹介します!
nao | 987 view
歯ブラシ。こだわり持って使ってる??

歯ブラシ。こだわり持って使ってる??

たかが歯ブラシ、されど歯ブラシですヨ!!
fugu | 235 view
歯ブラシは共有していい!?それかなり危険です

歯ブラシは共有していい!?それかなり危険です

愛があればいい!という問題でもない
みなたろす | 3,132 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

fugu fugu