2016年9月12日 更新

【活性酸素】は歯周病の現況になり得る??

免疫低下の原因の活性酸素。歯にも影響が…

活性酸素は、大気中に含まれる酸素分子がより反応性の高い化合物に変化したものの総称

本来は活性酸素は身体に必要なものです。酸化力が強いということは殺菌作用も強いということですので、体内に入り込んだ細菌類を駆除してくれる役割を持っています。
酸素を利用してエネルギー代謝を行う生物では必ず生成されるもので、本来体内に備わっている活性酸素消去機能が順調に働いていれば、問題視されるものではありません。

では何故、悪者っぽいイメージがつきまとうのか…

酸化力があまりにも強力すぎるため!!

酸化力があまりにも強力すぎるため!!

量が増えすぎると、かえって細胞にダメージを与えることにもなってしまいます。
金属などのサビも酸化の一種です。つまり、体内の活性酸素が増えるということは身体をサビさせやすくするということなのです。
お口の病気と全身の免疫力が密接に関係している

お口の病気と全身の免疫力が密接に関係している

余分な活性酸素を除去して生活習慣病を改善し、全身の免疫力が高まれば、結果として歯周病や口臭、虫歯などのお口の病気も予防や改善が期待できるわけです。
歯周病患者(特に若年性歯周炎や早期発症型の歯周炎)においては、好中球がオプソニン化された細菌などで刺激を受けた場合、特異的に活性酸素の放出が増加し疾患の進行に影響を及ぼしていることが分かってきた。
歯周病菌をやっつけようと、白血球やマクロファージといった免疫細胞が戦いモードになります。
歯周病菌から刺激を受けた免疫細胞は、活性酸素を発生してしまうのです。
炎症反応は、好中球による活性酸素の放出を招き、引き続いてマクロファージが一酸化窒素(NO)と呼ばれる物質を出す。活性酸素は酸素毒とも言われ、これにより細胞の酸化反応が連鎖的に起こり、病的な老化も進行するとされている。
口腔内の活性酸素が増えると、口腔を含めた全身の微小血管における活性酸素が増えている可能性がある。活性酸素は全身の老化を促進するだけでなく、生活習慣病の発症にも関与する物質だから、歯周病を契機に活性酸素が増加した状況は、脳卒中や心臓病、糖尿病、高血圧など生活習慣病のリスクを背負うことになる。
活性酸素⇒歯周病⇒活性酸素発生…

活性酸素⇒歯周病⇒活性酸素発生…

活性酸素が歯周病を誘発するだけでなく、
歯周病自身が活性酸素を発生させてしまうということですね!!
で、この発生した活性酸素が歯周病を悪化させ、全身に悪さをするという、
正に負のスパイラル…。

「歯周病医学ペリオドンタルメディスン」という概念

歯周病の原因と考えられている菌(嫌気性菌)や歯周病での炎症反応が重視され始めました。再び、歯性病巣感染に注目が集まってきました。
糖尿病、肥満、狭心症・心筋梗塞、脳梗塞、動脈硬化、誤嚥性肺炎、早産、骨粗しょう症、免疫アレルギー疾患、関節リューマチなどが歯周病が原因であったり、相互に深く関連

歯周病が全身疾患につながると…。その要因ともなる活性酸素…

27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大人の《口腔崩壊》が増加中!放置した重度虫歯の特徴・原因・治療方法

大人の《口腔崩壊》が増加中!放置した重度虫歯の特徴・原因・治療方法

「歯がぐちゃぐちゃでパンも噛めない」「人前では口を開けて笑えない」 そんなコンプレックスでお悩みの大人が、最近増えてきているようです。
小野ねね | 9,144 view
水素水の効果は本当に凄いのか

水素水の効果は本当に凄いのか

水素水、実はアレにも効果があるって本当??
fugu | 160 view
老化は口から!口腔ケアで老化を防止しよう!

老化は口から!口腔ケアで老化を防止しよう!

年の瀬に、今年も終わりかと思うと同時に年取ったなと思うこと、ありませんか?いつまでも元気でいられたら…。そんな願い、実は口腔ケアで叶えられるかも…!
sasami* | 275 view
受動喫煙は虫歯になりやすい?!口腔内と受動喫煙の関係

受動喫煙は虫歯になりやすい?!口腔内と受動喫煙の関係

「分煙してるから大丈夫大丈夫!( ´ー`)y-~~」なんて思っていませんか?
sasami* | 184 view
噛むのはいいこと?悪いこと?噛むことと口内トラブルの関係

噛むのはいいこと?悪いこと?噛むことと口内トラブルの関係

「とろっ」「ふわっ」が世の中の食べ物の魅力的な表現になっている現代…。毎日するはずの“噛む”という動作、疎かにしていませんか?
sasami* | 108 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

fugu fugu