2018年7月18日 更新

なんだか無気力…そんな夏バテは身体だけのものじゃなかった??暑い季節に気を付けたい「お口の夏バテ」

五月病でぐったりしていた人、夏バテ対策できていますか? 「なんだかだるい~」とぐったりしてしまうのは、身体だけじゃなかったりします。

知っておこう、正しい予防方法

gettyimages (33019)

歯痛や歯周病などといった口腔内のトラブルを招く夏バテ。
私生活を見直すだけではなく、口腔内のケアをしっかりとしておくことが大切です。
そこで最後、歯医者さん直伝の予防方法をご紹介したいと思います。

虫歯治療・歯並び・輪郭治療はザ・ホワイトデンタルクリニック

虫歯治療・歯並び・輪郭治療はザ・ホワイトデンタルクリニック
今回ご紹介させてもらうのは
「ザ・ホワイトデンタルクリニック」の歯医者さんが紹介してくれている予防方法になります。

虫歯や歯周病治療はもちろんのこと、
歯の美しさにこだわった治療を行うことができます。

現在、虫歯や歯周病にお困りの方は、ぜひHPもご覧になってみてください。

◆ 歯周病の予防方法を知る ◆

gettyimages (33029)

歯周病は痛みなく気づかないうちに進行し、気づいた時には歯周組織破壊が起きてしまっている恐ろしい疾患です。
最近の研究では歯周病が全身に与える様々な悪影響もわかってきました。
妊婦の早産や低体重児出産、高血圧、心臓病、糖尿病などです。
歯周病は生活習慣の見直しで予防できる生活習慣病です。
予防はそんなに難しい事ではありません。

1 正しい歯磨き
2 定期的に歯科医院を受診

以上の2点です。

ほとんどの歯周病の原因は歯垢です。
歯垢は毎日の正しい歯磨きで除去することができます。
ですから毎日正しく歯磨きできていれば歯周病にはなりません。
でも日本人成人の80%近くが歯周病という現実があります。
いかに多くの人が正しく歯磨きができていないか、という事です。
正しい歯磨き方法は人それぞれです。
歯並び、歯の形は皆一緒ではなく、人それぞれちがいます。
ですから、正しい歯磨きの方法も皆違うと言えます。
『自分ではちゃんとしているつもり』と思うかもしれませんが、
実はできていなかったりするものです。
そのためにも、何かしらのトラブルが起きたときではなく、
定期健診が大切になってくるのです。

まずは基本的な歯磨きの仕方

 (33035)

一人一人あった歯磨きの仕方が違うとはいえ、歯磨きにも基本があります。画像を見ての通り、すごく細かいです。

この方法を守っていれば「ここまで磨けば大丈夫」と自信も持つことができますね。

しかし、歯周病の恐ろしいところは、
ここまでしっかり磨いてもなってしまう恐れがあるところなのです!

歯磨きをしていてもなってしまう「歯周病」

 (33027)

歯医者さんで治療していた方は経験したことがあると思うのですが、
治療だけではなく歯石や歯垢の除去を行ってくれますよね。
あれは、歯磨きだけで落としきることのできない歯石などを落としてくれているのです。
つまり見方を変えると歯医者さんに通わないと自分では落としきることのできない、歯石などがどんどん蓄積してしまうことになります。

歯磨きをしていてもなってしまう。
歯周病がそのように恐れられているのは、自分では落としきることのできない箇所がどうしてもあるからなんですね。
定期健診に足を運ぶことができれば、
歯石の除去だけではなく、磨き残しや、
自分にあった歯磨きの方法を知ることができます。
また、今回参考にさせてもらっている「ザ・ホワイトデンタルクリニック」では、
歯周病治療の際に正しい歯磨きの仕方を教えてくれるそうです。

歯周病に関しては、ひとりで予防するというより、
歯医者さんと二人三脚で行っていくのがベストでしょう。

◆ 虫歯の予防方法を知る ◆

gettyimages (33036)

免疫力が夏バテによって下がってしまうと、
虫歯になる可能性もぐっと高まります。

冷たいものがしみる、熱いものがしみるという症状も虫歯のサイン。
食事に影響が出てくるだけではなく、痛みも伴えば生活に支障が出てきてしまいます。

そのようなつらい思いをしないためにも、
虫歯はしっかりと予防していきましょう。
虫歯は4つの要因が重なり合って、虫歯が進行します。その要
因とは、「歯質」「虫歯菌」「糖分」「時間」です。この要因
以外に、「生活習慣」も虫歯の進行に関係しています。

4つの虫歯リスクを抑えることで虫歯予防になりますが、一番
重要となる虫歯予防は「正しい歯磨き」です。

「正しい歯磨き」は虫歯予防の基本となりますので、ぜひ生活
に取り入れてみてください。
一見関係なさそうに見える、夏バテと歯。
しかし、生活習慣が虫歯の進行に影響すると聞くと、関係のないものではなく、
関わりが深いものだとわかりますね。

また、歯周病と同じく大切なのは「正しい歯磨き」
歯周病のコーナーでご紹介させてもらった歯磨きの仕方は、
歯周病だけではなく虫歯の予防にもなるのです。
54 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

歯をどれだけ大切にできてますか?他国と比べる歯への意識

歯をどれだけ大切にできてますか?他国と比べる歯への意識

皆さんはオーラルケアや予防歯科に対してどのように考えていますか? 実は、日本人の歯に対する意識が他の国に対して低いと言われているんです。 歯が大切なのはわかっているけれど、特別意識したことはなかった。 そのような人はこれを機に歯への意識を高めてもらえればと思います。 何年先も健康な歯で健康な毎日を送れますように。
やな | 216 view
大人の《口腔崩壊》が増加中!放置した重度虫歯の特徴・原因・治療方法

大人の《口腔崩壊》が増加中!放置した重度虫歯の特徴・原因・治療方法

「歯がぐちゃぐちゃでパンも噛めない」「人前では口を開けて笑えない」 そんなコンプレックスでお悩みの大人が、最近増えてきているようです。
小野ねね | 6,390 view
11月8日はいい歯の日!正しく見直す歯磨き習慣

11月8日はいい歯の日!正しく見直す歯磨き習慣

食欲の秋、ムシャァ…と美味しいものを食べた後の歯磨き、どうしていますか?世の中にあふれる歯磨きに関するウワサが本当なのか、検証しながら歯磨きの大切さについてご紹介します!
sasami* | 20 view
すっきり歯石除去!虫歯、歯周病…口腔トラブルは防げます

すっきり歯石除去!虫歯、歯周病…口腔トラブルは防げます

「歯石」とはご存知でしょうか。 誰の歯にもできる歯石…この歯石、実は口腔トラブルを引き起こす引き金でだったのです。
やな | 200 view
歯並びによる虫歯も歯周病も、デンタルフロスで予防しよう!

歯並びによる虫歯も歯周病も、デンタルフロスで予防しよう!

虫歯や歯周病から歯を守るためには、歯の汚れをきちんと落とすことから始まります。そのために歯ブラシだけでなく、併せてフロスを使うことが推奨されますが、デンタルフロスの良さはどこにあるのでしょうか。
あさみ | 391 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

やな やな