2016年9月29日 更新

【エクオール】腸内フローラが作り出す凄いやつ

腸内フローラとお口は密接な関係性です

植物性女性ホルモン、大豆イソフラボンが、腸内細菌によって産生されるのが『エクオール』

腸内環境と口内環境は、関係無い様に思えて実は密接な関係性を持っています。
腸内フローラが乱れてしまえば、意外にも口臭の原因となりますし、
食べ物を取り込む器官の口内フローラが乱れてしまえば、当然下流の腸内にも良くない物質が流れ込んでしまうのです。

その腸内でつくられる成分が「エクオール」

エクオールは大豆イソフラボンが腸内で代謝されて作られる成分で、様々な働きが期待されている注目の栄養素です。
大豆イソフラボンに含まれる「ダイゼイン」という成分が腸内細菌によって代謝されてできる「エクオール」。
エクオールは大豆に含まれる大豆イソフラボンの一つである「ダイゼイン」が腸内細菌(エクオール産生菌)によって代謝され、生じるもの。
thinkstock (10083)

大豆イソフラボンに含まれる「ダイゼイン」という物質が、人間の体内の腸内細菌によって代謝されてできる物質が「エクオール」なのです。

エクオールは、大豆イソフラボンよりもさらに女性ホルモン「エストロゲン」に近いはたらきをするので、「スーパーイソフラボン」と呼ばれています。

大豆食品は和食に多く利用されますね。日々召し上がっている方も多いはず。

■枝豆■もやし■豆乳■おから■豆腐■ゆば■厚揚げ■油揚げ■がんもどき
■焼き豆腐■凍り豆腐■味噌■しょうゆ■納豆■テンペ■豆腐よう■煎り豆■きな粉など

ならば、腸内で「エクオール」は作られているはず…いえいえ、そうでもないのです

「エクオール」は、約半数の方が自力でつくれていない

エクオール産生菌がない方は、ずっと作れないということもあります
腸内フローラは幼児期に完成してしまうので、その後は、エクオール産生菌が定着するのは難しいのです。
エクオール産生菌と呼ばれる腸内細菌が、体内で活発に動いているかどうかで、「エクオールを作れるかどうか」が決まるからです。
エクオール産生菌がいない人は、大豆イソフラボンがエクオールにならないまま吸収されます。
食生活の変化で、エクオール産生菌が低下

食生活の変化で、エクオール産生菌が低下

欧米人で20〜30%、日本人では50〜60%の人が、腸内でエクオールを作る事が出来ると言われていますが、近年、年齢が下がるにしたがってこの比率が低下し、現在30代以下の若い世代では20〜30%しか、エクオールを作れる人がいないことがわかってきました。

自身のエクオール産生菌を調べることができる

27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

美腸ケアのススメ

美腸ケアのススメ

あなたの腸内環境整っていますか?美腸を目指しましょう
fugu | 115 view
腸内フローラがお口にも悪さをするって!!

腸内フローラがお口にも悪さをするって!!

腸内正常化!!スメルアウトに繋がるなんて…
ゆう | 208 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

fugu fugu