2016年11月25日 更新

美人の常識、若さの秘訣は〇〇だった!

美肌を目指す0円美容術!実は毎日行っている「ある事」が若さを保つためにとても需要なんです。最近何だか肌に元気がないと感じている方は要チェック!

ぱくたそ-フリー写真素材・無料ダウンロード (28195)

美人の条件と言ってもいい『美肌』それ程までに人の見た目を左右する肌ですが、年齢と共に老化し、シミ・しわ・たるみ等、いつまでも若くありたい女性には悩ましい問題が出てきます。
少しでも良い状態にする為にはエステに通ったり、高級な美容品や美顔器でお手入れしなければならないと思われがちですが実は私たちが毎日行っている"ある事"で若返りホルモンが分泌されるのです。
そのある事とは...

若さの秘密は『唾液』にあった!

若返りのホルモンとも呼ばれる「パロチン」は唾液に含まれる成長ホルモンの一種で、歯や骨の石灰化を助けたり、肌再生のターンオーバーを活発にしてくれる等、身体の中を若々しく保つ働きをしてくれます。
しかし、このパロチンは年齢と共に減少傾向にあるので意識して唾液(パロチン)を増やすようにしましょう。

パロチンを分泌させるには

唾液は主に「耳下腺」、「顎下腺」、「舌下腺」から分泌されており、成分は殆ど同じでありますが、パロチンは耳下腺から出る唾液にのみ含まれています。
「唾液ケア」で“若返りホルモン”を増やす:日経ウーマンオンライン【肌トレ塾】 (28183)

①奥歯でしっかり噛む

耳下腺は、上の奥歯に接する頬粘膜にあるので、奥歯でしっかり噛むということが重要です。
また、食事をする際に、うつむき加減(猫背の状態)で食べていると、下顎が前に出やすく前歯が先にあたるので、奥歯でしっかり噛むことができません。
したがって、食事をする時は姿勢を正して、目安は一口あたり30回程度よく噛みましょう。
よく噛む事で唾液は通常の5~10倍ほど分泌されるそうです。

②耳下腺をマッサージ

耳下腺を刺激することでも、パロチンの分泌量は増やせます。耳の下を指で押すと唾液がたくさん出てきますが、これが耳下腺です。痛くない程度に指で刺激しましょう

③お風呂で歯磨き

パロチンは、リラックス状態で口腔を刺激すると出るので、お風呂で歯磨きすると沢山分泌されるそうです。歯を磨くというより、口の中全体をマッサージするようにします。
ぱくたそ-フリー写真素材・無料ダウンロード (28216)

34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

顔のたるみと歯の関係♪たるみ解消法

顔のたるみと歯の関係♪たるみ解消法

10歳は老ける⁉︎「顔のたるみ」歯との関係と解消法
fugu | 2,663 view
秋の味覚・栗で美女になっちゃおう!

秋の味覚・栗で美女になっちゃおう!

モンブランがおいしすぎる季節…!
cotoco* | 47 view
ほうれい線を消す舌回し美容法

ほうれい線を消す舌回し美容法

舌回しがほうれい線・たるみ・小顔など美容に効く!
fugu | 595 view
笑う門には「インプラント」♡

笑う門には「インプラント」♡

プレアンチエイジングにも効果絶大♡
cotoco* | 89 view
今さら聞けない…インプラントってなに?

今さら聞けない…インプラントってなに?

インプラントってよく聞くけどいまいち何だかわからない…
みなたろす | 123 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

okmr_152 okmr_152