2016年8月14日 更新

目薬を使うと虫歯が増える⁉︎

目薬と虫歯の意外な関係!薬の作用に注意…

意外だけど「目薬をさすと虫歯になりやすい」のですって

目薬をさしたら、虫歯が痛くなったという人がいる

目薬をさしたら、虫歯が痛くなったという人がいる

この夏の疲れが出て ・・・
目もショボショボして来たので、先日、目薬を買いました。
クールなさし心地のやつです。

ところが、その目薬をつけてから、歯が痛くなって来たのでした。
私は虫歯があるのですが、それが急に痛みだしたのでした。

目薬と虫歯の意外な関係

まず、虫歯になる理由、原因はというと

虫歯になる原因

虫歯になる原因

虫歯になる原因は歯の再石灰化との関係が大きいのです。

口の中にいる細菌は、歯についた食物の残り(プラーク)などを摂取し、
分解して、酸を排出しています。
その酸が歯を脱灰させてしまいます。

そのとき、だ液が酸を緩和させて、中性にします。
また、唾液の成分のカルシウムやミネラルが、歯の再石灰化を促します。

このように、だ液は、歯が虫歯にならないように守る役目をしています。

しかし、歯が脱灰してのち、
再石灰化により歯を修復する作用が追いつかなくなってしまうと、
脱灰されて、歯は虫歯になってしまうのです。

虫歯になるのを防いでくれているのは、主にだ液のチカラです

だ液は虫歯の発生を防いでいる
唾液には、虫歯菌が出す「歯を溶かす酸」を中和させたり、
酸で溶かされた歯を再生させる力があります。

唾液が減ると、歯はより溶かされ、
再生もできないため虫歯が増えてしまいます。

さて、目薬の成分をみてみると…

主な目薬の成分

主な目薬の成分

・充血除去成分
・調節機能改善成分
・消炎・収れん成分
・抗ヒスタミン成分
・ビタミン成分
・アミノ酸類成分
・抗菌成分
・無機塩類成分
・粘稠成分
・抗アレルギー成分

目薬は、ほぼ、このような成分で構成されています。

この成分の中に、虫歯になる原因があります!

それは、抗鬱剤・イブプロフェン・抗ヒスタミン剤

この3つの成分には、だ液の量を抑えてしまう働きがあるのです

目薬の作用で、お口の中のだ液が減り、虫歯になるリスクが...

目薬の作用で、お口の中のだ液が減り、虫歯になるリスクが高くなる

目薬の成分には、抗うつ剤、イブブロフェン、抗ヒスタミン剤が含まれている場合があります。

この成分の作用により、口腔内の唾液の唾液の分泌が減ります。
すると、お口の中の抗菌や洗浄が十分にされなくなり、
歯周病や虫歯になってしまうリスクが増えるんです。

イブプロフェンは、頭痛薬などにも入っています

28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「キシリトール」と「リカルデント」、その違いとは?

「キシリトール」と「リカルデント」、その違いとは?

虫歯セーフ! おなじみ「キシリトール」と「リカルデント」って何が違うの?
cotoco* | 2,479 view
だ液マッサージのやり方🎵口臭&虫歯対策に♡

だ液マッサージのやり方🎵口臭&虫歯対策に♡

虫歯歯周病お口の乾きに!高齢者にもだ液マッサージを♡
fugu | 457 view
大人の《口腔崩壊》が増加中!放置した重度虫歯の特徴・原因・治療方法

大人の《口腔崩壊》が増加中!放置した重度虫歯の特徴・原因・治療方法

「歯がぐちゃぐちゃでパンも噛めない」「人前では口を開けて笑えない」 そんなコンプレックスでお悩みの大人が、最近増えてきているようです。
小野ねね | 10,322 view
虫歯菌や歯周病菌を除菌! あたらしい予防医学「3DS」って?

虫歯菌や歯周病菌を除菌! あたらしい予防医学「3DS」って?

虫歯・歯周病になりやすいひと、大注目ですよ•̀.̫•́✧
cotoco* | 608 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

mariko mariko