2016年9月21日 更新

歯医者さんから言われて傷ついた…そこにある本音とは

「どうしてそんなに酷くなるまで、放っておいたんだ!」

「どうしてそんなに酷くなるまで、虫歯を放っておいたんだ!」

もちろん言い方の問題はありますが…

もちろん言い方の問題はありますが…

見方を変えれば、歯医者の先生からすれば酷い虫歯であった方がその分治療が長くなり、通って貰えるわけです。
非常に現実的に考えてみると…どういうことだかは分かりますよね。

それでも怒ったなら、それは患者さんのためを思ってのこと。
二度と繰り返してほしくないからこそ、強く言うことも中にはあります。
「もう少し来るのが遅かったら、歯が全部なくなってましたよ!」と担当医から厳しい指摘を受けたのは、会社員のAさん(43歳)。病名は「歯周病」だ。

Aさんも高校時代、すでに校医に歯周病を疑われる症状を指摘されていた。しかしこれといった自覚症状がなかったため、本人も親も深刻に受け止めず、壮年になるまで放置しておき、結果、重症化させてしまったのだ。
事の重大さは厳しく指摘しないと伝わらないときだってある。
「もし私が治療を受けるとしたら」「あなたが、私の大切な身内だったら」そんな思いで歯科医療を提供させていただきます。プロフェッショナルとして、あなたを尊重するがゆえに、時として厳しい指摘をすることもあるでしょうが、この思いだけは忘れません。
信念を持って、時に厳しさを持って接する先生もいます。
思い出してみよう 歯医者の先生の言葉

思い出してみよう 歯医者の先生の言葉

子供のことはただ怒られた、叱られたとしか感じていなくても
今冷静になれば「あれは正しかったなあ」と思うことって多いですよね。
歯医者の先生の言葉も、もしかするとそうかもしれません。

しかし、伝え方を含め威圧的な態度で接してくる相手だったなら
それは相手が医者でなくとも距離を置くべき。
無理に通わず、違う歯医者さんを探しましょう。

歯科恐怖症の原因は様々にあります

言われた言葉以外にも

○強烈な痛みがトラウマになっている
○機械の音がダメ
○消毒液の匂いが嫌い
○他人に口の中を見られるのが恥ずかしい
○虫歯が多い自分を自分で責めている

などなど、痛みに対しての恐怖心は元より複雑に絡み合う不安が
結果として歯医者さんから足を遠のかせています。

歯医者嫌いな人の多さもあり、今は歯科恐怖症の方でも苦痛なく治療が受けられるよう技術も進歩しています

「キレイになりたいけれど、歯医者は怖くてイヤ!」という方には、ザ・ホワイトデンタルクリニックの「二段階麻酔法」をオススメします。
この麻酔法であれば、麻酔の針が刺さる痛みすらやわらげ、安心して治療を受けることが出来ます。
麻酔自体の痛みを軽減する麻酔法というのもあるのです。
熟睡状態で治療が受けられる無痛麻酔(静脈内鎮静法)もございます!この麻酔法は”嘔吐反射が強い方”にもオススメな麻酔法です!

[目覚めたら治療が完了しています!]

目覚めた時にはすでに治療が完了しています。15分ほどお休みいただいて、そのままお帰りいただけます。
寝ている間に治療が終わっている…。
治療中には何も考えず、感じずですからなんとも画期的。
感情面で不安を乗り越えることも大事

感情面で不安を乗り越えることも大事

自分で言われたことに納得し、そして苦手だった治療に臨む。
それは自分の自信にもなります。

ただし、心が納得しても染み付いている恐怖心で足がすくむことは誰しもあります。
そんなときには、最新の技術に目を向けてみましょう。
真面目な人ほど「それは逃げではないか」と思いがちですが、
より大事なのは虫歯や歯周病を治療することです。

たくさんの選択肢が自分の前に広がっていて、そこから自分にあったものを選ぶ。
それはとっても普通のこと!!

虫歯治療|ザ・ホワイトデンタルクリニック

虫歯治療|ザ・ホワイトデンタルクリニック
虫歯のまま放置しておいたらどんどん虫歯がおおきくなってしまい、最終的には入れ歯になってしまいます。「早くお医者さんに行かなくちゃ…」とは思うけれど… 「治療には行きたいけど忙しい!」 「歯医者さんは怖い…!」 「こんなに進んだ状態でいまさら恥ずかしい!」 「治療に一年もかかると言われた!」 などの理由で虫歯だらけになってしまった。という方が非常に多くご来院されています。恥ずかしがらずに何でもご相談下さい。
先ほど挙げた麻酔法や寝ている間に治療する無痛麻酔(静脈内鎮静法)はこちらのクリニックさんが行っているものです。
かなり虫歯が進行した状態の患者さんが多く来院しているとありますから、気になる方はぜひ無料のカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

歯の健康は全身の健康に繋がります

恐怖心を受け止めて、そこから自分に合った治療を選ぶ。
それが今は出来る時代です。
自分の健康を守るために、一歩踏み出していきましょう。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

虫歯の治療中に泣いてしまった…もう歯医者さんに行きたくない

虫歯の治療中に泣いてしまった…もう歯医者さんに行きたくない

大人になってから痛くて泣いた事ってそういえば あまりないかも
みなたろす | 1,815 view
大人の《口腔崩壊》が増加中!放置した重度虫歯の特徴・原因・治療方法

大人の《口腔崩壊》が増加中!放置した重度虫歯の特徴・原因・治療方法

「歯がぐちゃぐちゃでパンも噛めない」「人前では口を開けて笑えない」 そんなコンプレックスでお悩みの大人が、最近増えてきているようです。
小野ねね | 4,317 view
「自分は大丈夫」が一番ヤバイ! 1年以上歯医者に通っていない人が要注意な理由

「自分は大丈夫」が一番ヤバイ! 1年以上歯医者に通っていない人が要注意な理由

「一度も入院したことがない」や「病院に通ったことがない」と自慢する人がいますが、「歯医者に通ったことがない」という人は要注意!実は虫歯や歯周病が取り返しのつかないところまで進行している可能性があります。しっかり歯磨きしている…特に痛みは感じない…という人でも、なぜ歯医者に通ったほうが良いのでしょうか?今回は歯医者に定期的に通うメリットについて紹介します!
nao | 1,359 view
歯科恐怖症が卒業できた! 通院が楽しくなる歯医者さん4選。

歯科恐怖症が卒業できた! 通院が楽しくなる歯医者さん4選。

リラックスできる歯医者さんをご紹介♪
cotoco* | 737 view
絶対無理!歯医者に行きたくない!でも本当にそのままでいい?

絶対無理!歯医者に行きたくない!でも本当にそのままでいい?

行きたくないから行かない…をいつまで続けられるのか…
みなたろす | 1,203 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

みなたろす みなたろす