2016年7月20日 更新

摂食障害で歯がボロボロ

カラダもココロも歯も大事なあなたです

社会問題にもなった「摂食障害(拒食症・過食症)」

絶対太りたくない

絶対太りたくない

摂食障害 - Wikipedia

摂食障害 - Wikipedia
摂食障害(せっしょくしょうがい、英: Eating disorder ; ED)は、食行動の重篤な障害を呈する精神疾患の一種である[1]。近年では嚥下障害等の機能的な摂食障害との区別をつけるため、中枢性摂食異常症とも呼ばれる。厚生労働省の難治性疾患(難病)に指定されている。
摂食障害の正確な患者数は不明だが、厚労省の研究班が1998年に実施した疫学調査では約2万3,000人と推計された。1980年からの20年間に約10倍に増加した。また、2009~2010年の厚労省研究班による調査では、女子中学生の100人に2人が摂食障害とみられている。
100人に2人ってことは50人に1人。
1学年に1人くらいはいるってことになりますね。

その症状の中に「自己誘発嘔吐」がある

指を突っ込んで無理矢理吐く、少しでも太るようなものを体に吸収させないための行動であり、太りたくないのに、食べてしまった自分を責めるような精神的な罰の意味合いも。
ふと我に返って何をしているのだろうとなったとき、それが一番辛かったりしますよね。
習慣化すると抜け出せない。
吐けば体重こそ増えはしないと学んでしまっているからです…。
苦しいけど、止められない

苦しいけど、止められない

しかしこの無理な嘔吐、歯に凄まじい影響を与えています

まず、嘔吐によって歯が溶けてしまうメカニズムをご説明します。吐瀉物(吐いたもの)の中には当然、胃酸が多く混ざっています。この胃酸は強い酸性(pH1~2)ですので、歯の表面にある「エナメル質」を溶かしてしまいます。

また、歯がボロボロになって耐久力が低下すると、少しの衝撃で歯が折れたりします。これを「酸蝕歯」といいます。この恐ろしい影響は、過食嘔吐をやめたとしても、歯は回復しません。歯医者での治療が必要になります。
酸蝕歯の影響は元に戻すことはできません。
最悪の場合、歯の神経を取ったり歯を抜かなければならなくなることもあります。

※pH7が中性、pH7以上はアルカリ性、pH7以下は酸性となります。
 人の胃液に含まれる胃酸は強い酸性(pH1~2)と言われています。
 一般に歯はpH5.5以下の酸で溶け出します。
歯はpH5.5以下の酸で溶け出すのに対して
人の胃液はpH1~2。
それを毎日毎日繰り返し歯に浴びせていたら、
どうなるか想像するのはたやすいですよね…。
酸蝕歯の参考写真。

酸蝕歯の参考写真。

末期になるとここまで歯が溶けてしまう。

歯が溶ける、折れる、そしてなくなる

そして過食嘔吐が治っても歯は元には戻らない

29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

忙しくて歯医者に行けない人がするべき3つのこと

忙しくて歯医者に行けない人がするべき3つのこと

行きたいけど、行けない時って大人なら誰でもあります。
みなたろす | 1,555 view
珍美術館!「歯ART美術館」って知ってる?

珍美術館!「歯ART美術館」って知ってる?

全国、世界的にも珍しい「歯ART美術館」という施設が、香川県高松市にあるのはご存知ですか? ここには「歯」にまつわる独特なアートが展示されていたり、歯科治療につかう器具や技工物が飾られていたり…と楽しい展示が盛りだくさん! アートや歯のことがわからないという方でも、年代、性別を問わずに楽しめる施設です。
nao | 329 view
は・は・は・は・歯のグッズ♡

は・は・は・は・歯のグッズ♡

虫歯は嫌だけど、モチーフとしては可愛い【歯】
fugu | 1,222 view
STOP! 歯のくいしばり!

STOP! 歯のくいしばり!

その頭痛・肩こりは「歯のくいしばり」が原因かも。。。!
cotoco* | 536 view
*ハーブ×アロマでマウスウォッシュ*

*ハーブ×アロマでマウスウォッシュ*

家にあるエッセンシャルオイルとハーブで簡単マウスウォッシュを作ってみましょう!
cotoco* | 163 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

みなたろす みなたろす