2017年10月20日 更新

なぜゴボ口になるの!?現代っ子に多いゴボ口の理由とその影響とは

上下の口元が突出しているいわゆる「ゴリラ顔」とも言えるゴボ口。実は現代っ子に多いと言われているようです。 なぜゴボ口になるのか、その理由と影響を考えてみましょう。

食生活によるもの

gettyimages (30660)

現代人は柔かいものばかり食べがちです。
柔かいものばかり食べていると顎が発達しません。
特に顎の未発達は出っ歯に繋がり、結果的にゴボ口になる可能性が高くなります。

骨格によるもの

gettyimages (30653)

また日本人特有の骨格も、ゴボ口に大きく影響しています。
遺伝的なものもありますが、日本人は欧米人と比べて、頭蓋骨の形が前後に短いという特徴によるものだと言われています。
頭蓋骨の形を比較してみると、欧米人は前後に長いが幅が狭く、日本人は左右に広いものの前後が短いという傾向があるそうです。これは赤ちゃんのとき、横向きに寝かせるか仰向けに寝かせるかによって変わるともいわれますが、いずれにせよ日本人の頭蓋骨には前後方向にあまりスペースの余裕がないということになります。

ですが、頭を支える頸椎と周辺の筋肉、さらに食道や気道、太い血管などは、生命維持のために絶対に必要です。結果、これら必要不可欠なパーツによって頭蓋骨の下半分の多くのスペースが占められてしまい、上下の顎が前方に突き出してしまうというものです。

アデノイド肥大によるもの

 (30651)

鼻の奥と喉がつながるあたりにあるアデノイドが肥大することにより口呼吸となり、ゴボ口になってしまうことがあります。
本来なら鼻呼吸を行うべきですが、アデノイドが肥大していると鼻呼吸ができず、自然と口が開いて呼吸を行う口呼吸になってしまいます。
口呼吸は口腔内や体に色々な悪影響を及ぼしますが、見た目にも影響が出ることがあります。
口呼吸になると、舌や口周りの筋肉を鍛えることができず、常に舌が下方へ下がってしまいます。
筋肉が鍛えられないと下顎の成長が妨げられ、上顎との成長のバランスが崩れてしまいます。
この結果出っ歯となり、ゴボ口になってしまうと言われています。
つまりよく目にするアデノイド顔貌とゴボ口は、ほぼ同じ意味合いなんですね。
アデノイド顔貌とは鼻の穴の奥と喉との境目にある「アデノイド」と呼ばれるリンパ組織が大きくなりすぎることで鼻から呼吸することが難しくなり、口呼吸になることで起こる特有な顔つきのことです。

ゴボ口を放置すると・・・!

thinkstock (30663)

ゴボ口をそのまま放置すると、見た目だけではなく体にも良くありません。
そのまま放置することで、こんな影響が出る可能性があります。

・睡眠時無呼吸症候群になりやすい
・いびきをかく
・口呼吸のため口の中が乾き、口腔内の細菌が増殖する

睡眠時無呼吸症候群は突然死を引き起こす可能性があり、口呼吸は口臭がキツくなったり虫歯、歯周病のリスクを高めてしまいます。

ゴボ口を治し、見た目コンプレックスを解消しましよう!

45 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

美人の証!アデノイド顔貌を治して輪郭美人に!

美人の証!アデノイド顔貌を治して輪郭美人に!

美人の条件の一つに、整った歯並びと、美しい輪郭があります。歯並びが乱れていたり、骨格により口元がボコっと出てコンプレックスを感じている人は是非お読みください。
あさみ | 8,681 view
坂口健太郎さんや川谷絵音さんも!アデノイド顔貌は「魅力がすごいよ」?

坂口健太郎さんや川谷絵音さんも!アデノイド顔貌は「魅力がすごいよ」?

ちょっと特有の風貌であるあの人・・・それはアデノイド顔貌かもしれません。よく見ると人気の俳優やあのミュージシャンも実はアデノイド顔貌だったのです!気になるアデノイド顔貌は、裏を返せば魅力の一つでもあるのです!!
あさみ | 203 view
ゴボ口を治したい!「舌の位置と正しい鼻呼吸」が重要◎

ゴボ口を治したい!「舌の位置と正しい鼻呼吸」が重要◎

舌の位置と鼻呼吸、この際に見直してみませんか?
cotoco* | 40,857 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

あさみ あさみ