2016年9月28日 更新

だ液マッサージのやり方🎵口臭&虫歯対策に♡

虫歯歯周病お口の乾きに!高齢者にもだ液マッサージを♡

唾液は、虫歯や歯周病対策、ドライマウスなどお口のケアに大切なもの♪

やたら喉が乾く…それってドライマウスかも?

やたら喉が乾く…それってドライマウスかも?

夏で暑いからかな?
すごくのどが乾く!
食事も食べにくいし、なんだか口がねばつくような…

あれ?
これってドライマウスの症状に似てない?

ドライマウスで口が乾くと、虫歯と歯周病になりやすくなっちゃう

ドライマウスとは、薬や病気などによって唾液が減る症状

ドライマウスとは、薬や病気などによって唾液が減る症状

<ドライマウスの原因>
・薬の障害
・噛む力が弱い、噛む回数が足りない
・口呼吸している
・メンタル面で心理的な圧迫やストレス過多
・自己免疫疾患(シェーグレン症候群)
・頭や首などの近くに放射線治療を行った

<ドライマウスになると>
・食べにくい
・話しにくい
・口の中がネバネバする

・虫歯、歯周病になりやすい
・舌や歯茎が痛む
・口臭が出る
・味オンチになる
唾液の分泌をおさえる薬は、こんな薬

唾液の分泌をおさえる薬は、こんな薬

<唾液の分泌をおさえる作用がある薬>

・潰瘍治療薬
・降圧剤
・抗うつ剤
・パーキンソン病治療剤
・抗ヒスタミン剤

・鎮静剤
・睡眠薬
・利尿剤など

唾液が十分にあると、口臭がしないし、虫歯歯周病を予防する

唾液が十分にあれば、高齢者でも食事がラクにできる

唾液が十分にあれば、唾液の8つの効果が存分に発揮される!

唾液の8つの働き/唾液が減ると起こる歯や口への影響

唾液の8つの働き/唾液が減ると起こる歯や口への影響
最近、食べ物が飲み込みにくくなった、よく口内炎ができる、口臭を指摘されるなど口のトラブルで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。原因は唾液が少なくなっているのかもしれません。唾液は口の中で多くの働きをしています。唾液が減ると虫歯が急に増えることがあるのです。
唾液の8つの働き

1−1.熱いものを食べた時、火傷しにくいように守る働き
1−2.話したり、飲み込んだりする時に、舌や口の動きをよくする働き

だ液が足りなくならないように、だ液マッサージでだ液を出す方法♪

だ液マッサージでアンチエイジング♪

だ液マッサージでアンチエイジング♪

高齢になるとだ液の量が減っちゃうのです。

アンチエイジングとしても、
だ液マッサージが効果的です♪

だ液を出す「大だ液腺」は3箇所にあります

だ液を出す主な線は、3つ。小さな腺は口唇腺、頬腺、口蓋...

だ液を出す主な線は、3つ。小さな腺は口唇腺、頬腺、口蓋腺、臼歯腺、舌腺…これは、無数にある

大唾液腺とは、
①耳下腺
②顎下腺
③舌下腺

だ液を出す「耳舌線」のマッサージ

頬骨の下から顎のラインの間を、円を描くようにマッサージ♪

頬骨の下から顎のラインの間を、円を描くようにマッサージ♪

<耳下腺マッサージのやり方>
1.人差し指から小指の4本の指を頬に当てる
2.その4本の指で、頬骨の下から顎のラインの間を、前へ向かって円を描くようにマッサージする
3.10〜20回マッサージすればOK!

※指に力を入れ過ぎず、気持ちいい程度に圧をかけて押していくのがポイント♪
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大人の《口腔崩壊》が増加中!放置した重度虫歯の特徴・原因・治療方法

大人の《口腔崩壊》が増加中!放置した重度虫歯の特徴・原因・治療方法

「歯がぐちゃぐちゃでパンも噛めない」「人前では口を開けて笑えない」 そんなコンプレックスでお悩みの大人が、最近増えてきているようです。
小野ねね | 6,660 view
目薬を使うと虫歯が増える⁉︎

目薬を使うと虫歯が増える⁉︎

目薬と虫歯の意外な関係!薬の作用に注意…
mariko | 414 view
虫歯・歯周病予防♪口腔環境を整えるセルフケア

虫歯・歯周病予防♪口腔環境を整えるセルフケア

虫歯や歯周病の予防には良い口腔環境が大事♪
mariko | 310 view
ヨーグルトは歯周病にも効く?!

ヨーグルトは歯周病にも効く?!

乳酸菌は歯周病にも良い?!
WEBwriter | 445 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

fugu fugu