2016年3月8日 更新

すきっ歯になる原因って何?予防法も

すきっ歯には自分で予防できるものもあります。

歯の大きさとそれを収容する歯槽基底の大きさに不調和があること
すきっ歯になるのは顎のサイズと歯の幅の合計のアンバランスが原因です。

1、歯が小さい

矮小歯という先天的に歯が小さい部分があると隙間ができて...

矮小歯という先天的に歯が小さい部分があると隙間ができてしまいます。

もともと歯が細い「矮小歯」という状態や、一つ一つの歯の横幅が細い場合はすきっ歯になってしまいます。
歯の幅だけが問題ならば「ラミネートベニア法」で治療可能です。

歯の幅だけが問題ならば「ラミネートベニア法」で治療可能です。

歯の幅が細い場合は歯列矯正で治しても歯の大きさのバランスが悪いため、隙間がなくなったとしても歯のバランスが悪くなります。

歯の位置が問題ない場合は「ラミネートベニア法」という方法で治します。
「ラミネートベニア法」は歯の表面に薄いセラミックを張り付ける方法です。
ご自身の歯を削らずに治せることもあります。

2、先天欠損

生えてこない歯がある場合

生えてこない歯がある場合

もともと歯が生えてこない部分があるとすきっ歯になってしまいます。
歯が生えて来なかった部分はダミーの歯を入れる必要があります。
セラミックのブリッジをしたり、幅がある場合はインプラントしたりします。
セラミック法で先天欠損を治しています。

セラミック法で先天欠損を治しています。

生えてこなかった部分を補うにはブリッジという方法か、インプラント治療で歯を入れます。
先天欠損によるすきっ歯を短期的に治すのであればブリッジが一般的です。

3、顎が大きい

歯の大きさに問題が無くても、顎が大きいとすきっ歯になっ...

歯の大きさに問題が無くても、顎が大きいとすきっ歯になってしまいます。

このような場合はワイヤー矯正で歯を動かして隙間を閉じるか、セラミック法で隙間をなくします。
歯の隙間をなくした状態のセラミックの歯をかぶせて治しました。

歯の隙間をなくした状態のセラミックの歯をかぶせて治しました。

セラミック法は1回目の治療時には隙間がなくなります。

4、舌癖(舌で歯を押す癖)

舌で歯を後ろから押し付け続けているとすきっ歯になります。

舌で歯を後ろから押し付け続けているとすきっ歯になります。

食べ物や飲み物を飲み込む際に
舌を前歯の裏に押し付けて飲み込む癖のある方は
前歯が徐々に開いてすきっ歯の状態になってしまいます。
この様な場合は舌癖を治すトレーニングが必要ですが
成人になるとなかなか治りません。
舌の癖をそのまま放置すると、どんどん隙間が広がってきます。

舌の癖をそのまま放置すると、どんどん隙間が広がってきます。

舌の癖は成長期に治しておかなくてはいけません!

17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

すきっ歯治療法

すきっ歯治療法

ご希望やご状態にあった治療方法を選択できます。
自力で出っ歯は治せるのか?

自力で出っ歯は治せるのか?

気になる出っ歯の予防法のご案内
ガミースマイルの原因って何?

ガミースマイルの原因って何?

状態やご希望に応じたガミースマイル治療のご案内
歯科医師 永山幸 | 6,659 view
出っ歯の原因って何?

出っ歯の原因って何?

どうして出っ歯になるの?予防できるの?
一生自分の歯で噛みたい!積極的に歯医者に行こう!

一生自分の歯で噛みたい!積極的に歯医者に行こう!

歯医者に行くタイミングっていつですか?症状が発生する前に定期的に行くことで予防できることはたくさんあります。歯のお手入れへの意識高めてみませんか?
misa_asada120 | 385 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

歯科医師 永山幸 歯科医師 永山幸