2018年11月8日 更新

噛むのはいいこと?悪いこと?噛むことと口内トラブルの関係

「とろっ」「ふわっ」が世の中の食べ物の魅力的な表現になっている現代…。毎日するはずの“噛む”という動作、疎かにしていませんか?

偏った“噛みすぎ”の影響

gettyimages (34094)

例えば、左右どちらかの歯ばかりで噛むクセが「片噛み」です。
多く使っている側の歯はすり減って低くなり、頭の重心はその低い側に引っ張られ、傾いてしまいます。
すると、反対側の首や肩の筋肉はたえず過度の緊張を強いたげられることにより、首こり・肩こり・片頭痛などが現れやすくなるのです。
そして頭の重心が移動することによって、体の中心軸もねじれて、腰痛・ひざの痛みを起こしやすくなります。
強い片噛みの多くの場合鏡で見たときによく噛む側の筋肉が発達して目尻からあごまでの距離が短く見えます。


また、奥歯でばかり噛むクセが「奥歯噛み」です。
この場合は、奥歯がすり減って低くなり、頭の重心が後ろへ傾きます。頭が後ろへのけぞった姿勢からバランスをとろうとするので、首が前へ出て、腰が後ろへ引けて、背中が丸く曲がって猫背の姿勢になってしまいます。すると頸椎や腰椎に負担がかかりやすくなるため、首こり・肩こりはもちろん、四十肩・腕のしびれなどの症状が現れやすくなります。
呼吸もしにくい状態になります。


最後に、高齢者の方に多いのが「前歯噛み」です。
奥歯が歯周病や虫歯になりなくなってしまい、前歯でしか噛めなくなる場合が多いようです。
噛む場所が偏ると、強く噛んでいる方の歯はどんどんすり減っていってしまいます。
歯の高さが左右または前後で合わなくなることで重心自体が偏り、
身体全体へ悪影響を及ぼしてしまいます。
食べ物を噛む時は前後左右の歯をまんべんなく使い、
部分的な“噛みすぎ”をしないようにしましょう。

強く“噛みすぎ”の影響

gettyimages (34096)

エラが張っているのは骨格のせい、顔が大きいのは生まれつきだから何をしても無駄……などと思い込んでいませんか? 
あまり知られていませんが、実はエラが張っている原因は、ものを噛むときに使われる筋肉「咬筋(こうきん)」が発達して盛り上がっていることがほとんどです。
頻繁に硬いものを噛む、歯を食いしばる、就寝時に歯ぎしりをするなど、咬筋は意識せずとも鍛えられてしまうことの多い筋肉。それゆえに、そのときどきの生活習慣や癖によって、以前は張っていなかったエラが発達してきた、あるいはその逆も起こり得ます。
エラは骨格によるものと思われるかもしれませんが、
歯を強く食いしばっている状態が長く続くと咬筋が発達します。
発達した咬筋は大きく膨らみ、エラとなって輪郭に影響します。
小顔を目指したい!と思っている女子の皆さん…噛みすぎ、気をつけましょうね…
①歯がすり減る、かける

弱くてもつねに力がかかっていると歯の表面に細かいヒビが入り、小さなかけらとなって歯の表面がはがれおちます。歯の根元部分は特に負担がかかりやすく、気づくとえぐれるように歯がすり減って、虫歯や知覚過敏の原因になります。

②歯周病の治療効果が上がらない

歯周病は、プラークや歯石の中にひそむ歯周病菌によって歯茎が腫れたり、骨が溶けていったりする病気です。歯周病の治療には徹底的にプラークや歯石を取り除いて進行を抑えることが必要ですが、歯が触れ合う癖で骨に余計な力がかかっていると、歯周病菌を取り除いても骨はどんどん減っていき、歯がグラグラ揺れてきます。

③治療した部分が壊れる

丁寧に治療をしても、持続的な偏った力がかかると詰め物や被せものが壊れたり、取れてしまい、何度も治療を繰り返すことになってしまいます。

④肩こりや頭痛の原因となる

口を閉じる筋肉が働くと、顎関節は押さえつけられます。これが長時間になると関節への血の巡りが悪くなり、ちょうど正座していて足がしびれたときと同じように、感覚が敏感になって痛みを感じやすくなってしまいます。 顎関節周囲の筋肉への血流も悪くなるため、頭痛や肩こりの原因となるのです。
《歯周病の原因になる》噛みしめや歯ぎしり癖は歯を強い力で揺さぶります。歯が揺さぶられると、歯を支えている歯槽骨が圧迫されて吸収を起こします。そのため歯槽骨が薄くなり炎症があると歯槽骨退縮や歯肉の退縮などの歯周病が起こります。歯並びの悪い人はかみ合わせの干渉がある事が多く、歯周病も起きやすいので注意が必要です。


《知覚過敏やむし歯の原因になる》歯肉退縮が起きると歯根が露出してきます。歯が長くなったと言う方がいますが、歯肉が下がって歯根が見えてきているわけです。歯根は歯冠部と違って歯質も薄く弱いので知覚過敏やむし歯を起しやすく、さらに歯ぎしりにより揺さぶられた歯の歯頚部は、ひび割れを起し、歯磨きのやり方が悪いと削れて楔状欠損を起していくので、ますます知覚過敏やむし歯になりやすくなります。
やはり歯にはダイレクトに力が加わっていますから、
歯に与えている影響はとても大きいようです…( ノД`)シクシク

噛み癖が治ったとしても…

gettyimages (34102)

これ以上体調や口内環境が悪化しないように、癖をなくしていくことはできます。
ただ、今まで積み重ねてきた噛み癖によってすり減ったり欠けたりした歯や骨が再生することはありません。
そして、進行した虫歯や歯周病も、噛み癖を治したからと言って進行が止まるわけではありません。
歯がボロボロになってしまったら、正しく噛むことさえままならない…(´;ω;`)
さらには、噛み癖によって乱れた歯並びを自力で整えることも難しいと言われています。

虫歯や歯周病を治しながらちゃっかり噛み合わせまで治せる…。
噛み癖の影響を受けにくくしながら歯並びを治せる…。
そんな好都合な治療法はあるんでしょうか…。

審美歯科でみーつけた!

gettyimages (34105)

審美歯科とは、健康的な歯にすることを前提に、もう一歩進んで、美しく健康な歯や歯肉を作ることを目的とした、歯科治療のことです。
歯には機能的な側面と、審美的な側面があり、ともに健康に関して重要な要素です。
要するに、機能性と美しさを同時に叶えられる歯医者さんということ。
そんな審美歯科でどうやって虫歯も歯周病も治療・予防しながら噛み合わせや歯並びまでよくするのでしょう…?

◆「歯が欠けた・すり減った」「治療部分が欠損した」方へ、セラミック法

40 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大人の《口腔崩壊》が増加中!放置した重度虫歯の特徴・原因・治療方法

大人の《口腔崩壊》が増加中!放置した重度虫歯の特徴・原因・治療方法

「歯がぐちゃぐちゃでパンも噛めない」「人前では口を開けて笑えない」 そんなコンプレックスでお悩みの大人が、最近増えてきているようです。
小野ねね | 6,660 view
歯をどれだけ大切にできてますか?他国と比べる歯への意識

歯をどれだけ大切にできてますか?他国と比べる歯への意識

皆さんはオーラルケアや予防歯科に対してどのように考えていますか? 実は、日本人の歯に対する意識が他の国に対して低いと言われているんです。 歯が大切なのはわかっているけれど、特別意識したことはなかった。 そのような人はこれを機に歯への意識を高めてもらえればと思います。 何年先も健康な歯で健康な毎日を送れますように。
やな | 221 view
歯並びによる虫歯も歯周病も、デンタルフロスで予防しよう!

歯並びによる虫歯も歯周病も、デンタルフロスで予防しよう!

虫歯や歯周病から歯を守るためには、歯の汚れをきちんと落とすことから始まります。そのために歯ブラシだけでなく、併せてフロスを使うことが推奨されますが、デンタルフロスの良さはどこにあるのでしょうか。
あさみ | 394 view
子供の虫歯が減ってきたらしい!!

子供の虫歯が減ってきたらしい!!

近年の子供虫歯事情を調査せよ!!
fugu | 485 view
受動喫煙は虫歯になりやすい?!口腔内と受動喫煙の関係

受動喫煙は虫歯になりやすい?!口腔内と受動喫煙の関係

「分煙してるから大丈夫大丈夫!( ´ー`)y-~~」なんて思っていませんか?
sasami* | 17 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

sasami* sasami*