2016年9月16日 更新

顎がない!その顔立ち「アデノイド顔貌」ってやつかも

SNSで話題だそうで…

34,215 view お気に入り追加 0

「顎がない」のが悩みってどういうこと?

顎が欲しい…(・ω・`)
むむむ、これはまさか…( ´・ω・)!!
「顎がない顔」とはつまりこうした顔立ちのこと

「顎がない顔」とはつまりこうした顔立ちのこと

確かに横から見ると良く分かりますが、口が前に出ているせいで口、顎、首にかけてのラインが曖昧な感じ。
これも人ぞれぞれの個性ですし、親しみある顔立ちと言えばそうです。
ただ口回り、顎回りに締りがないといえばそうなる…

顎がない、口元がゆるんでいる…

それは「アデノイド顔貌」と呼ばれるものかもしれません

別名「ゴボ口」「口ゴボ」とも言われます。
特に太っているわけでもないのに、顎がない。または二重アゴがなかなか解消しない、顔の輪郭がぼやけててイマイチすっきりしない。口元が出ていてコンプレックスだと悩んでいる人はいませんか?

アデノイド顔貌とは鼻の穴の奥と喉との境目にある「アデノイド」と呼ばれるリンパ組織が大きくなりすぎることで鼻から呼吸することが難しくなり、口呼吸になることで起こる特有な顔つきのことです。
これは最近増えているという、現代人ならではの顔の特徴で、悩んでいる方も多いようです。私たちの呼吸の仕方には、「口呼吸」と「鼻呼吸」がありますが、実は口呼吸が恒常化することで、顔の筋肉が衰え骨格が歪み、アデノイド顔貌なってしまうようです。
アデノイド 図解

アデノイド 図解

アデノイド(咽頭扁桃)とは鼻の奥と喉の境にある器官のこと。
簡単に流れとして言えば

○このアデノイドが肥大する

○そのため鼻で呼吸にしくくなる

○そして口呼吸が習慣化

○常に口を開けている状況になり、結果締りのない口元に…

このようになりますね。
うーん、つまり「後天的要因」で顎なし顔になってしまった可能性もある。

「アデノイド顔貌」は生まれつきのものではない!?

アデノイド顔貌になる原因は、子どもの頃からの口呼吸の慢性化だと言われています。アデノイドが肥大すると、鼻と喉の通り道が狭くなることで慢性的な鼻づまりが起こり、鼻呼吸が難しくなるため、口呼吸をするようになります。その口呼吸が長期間続くと、アデノイド顔貌と呼ばれる顔つきになってしまうようです。
子供のころからの口呼吸の習慣が、結果として顔に出てしまっているというわけです。
親兄弟を見て「これは遺伝だなあ」という場合は別ですが、もしかすると原因は「口呼吸」かもしれません。
では原因となる口呼吸を治せばいいの?

では原因となる口呼吸を治せばいいの?

と、いいますがみんな口で呼吸しているもんだと思ってました…!
日本人の約半数が口呼吸をしており、小学生に至っては8割が口呼吸をしているとのことです。
やっぱり!

そもそも口は本来呼吸器官ではない!!(びっくり)

34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アデノイド顔貌でもモテたい!人を惹きつけるために

アデノイド顔貌でもモテたい!人を惹きつけるために

噂のあの人はなんであんなにモテるのか!
みなたろす | 7,992 view
その顔、生まれつきじゃない!…気になる「アデノイド顔貌」

その顔、生まれつきじゃない!…気になる「アデノイド顔貌」

違った顔に育っていたのかもしれない…
みなたろす | 1,611 view
口は呼吸するところではない!?口呼吸のアレコレ

口は呼吸するところではない!?口呼吸のアレコレ

口で呼吸し続けてきた人生よ、さらば
みなたろす | 296 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

みなたろす みなたろす