2016年10月18日 更新

季節の変わり目は「口腔カンジタ」にご注意!

お疲れの女性の皆さん、ご注意!

「天高く馬肥ゆる秋」。毎日、とにかく寒暖差が激しすぎる。。。

涼しい朝と夜、なのに汗ばむ昼間。寒暖差にぐったり~!

10月なのに、暑かったり寒かったり。。いつになったら秋...

10月なのに、暑かったり寒かったり。。いつになったら秋らしくなるの?

10月に入り、暦の上ではすっかり秋。
なのに、朝・夜は涼しくひんやり、昼は暖かかったり。。。!
一体いつになったら、秋らしい気候に完全になるのか全く見当がつきません!
衣替えはいつすればいいんですか…?
◆10月後半から11月のはじめ 季節の進みは足踏み

でも、このまま冬へと季節が進むわけではありません。
10月後半から11月のはじめは、また気温は平年並みか高い所が多くなるでしょう。季節の進みは足踏みになりそうです。厚手の上着の出番はしばらく先となるかもしれません。
雨が降って18℃の日もあれば、温かくてカーディガン1枚でいられたり。
10月ってこんなに寒暖差が激しかったものでしょうか…?

寒暖差が激しいと、当然体のお疲れも溜まっていきます。
風邪になったり、体調不良を感じることはもちろん、
夕方になるとくしゃみが出たり、じんましんが出たり。
「寒暖差アレルギー」の方が急増しているようです。

お疲れ女性の皆さん、ご注意! 疲れが溜まって免疫力、低下してませんか?

◎「なんだか最近、舌が変。。。」もしかしたら、口腔カンジタかも?!

thinkstock (26091)

●「口腔カンジタ」って、どんな病気なの?

口腔カンジダ症とは口の中にいるカビ菌の一種のカンジダ菌が繁殖して、
口の粘膜に症状を起こすことです。

カンジダ菌は40%〜60%の人間の口の中にいます。
口腔カンジダ症は高齢者や乳幼児に多くなり、
口の中の頬、舌、上顎、唇、喉の奥に白く膜のようにできたり、赤くできることがあります。
口腔カンジダ症は同じカンジダ症でも全く違う症状がでる病気です。
口の中には沢山の真菌がいますが、それが免疫力低下・疲れなどの沢山の原因と重なって
口腔カンジタを引き起こしてしまうんだそうですよ!

●「口腔カンジタ」の初期症状って、どんなものなの?

gettyimages (26095)

●歯茎や頬の内側、舌などの粘膜に白い斑点状の膜みたいなものができる
●白い膜を剥がすと血がにじむ
●ピリピリする痛み
●唇の端(口角)が乾燥したり切れる
●乳幼児の場合だと食欲低下や機嫌の悪さ
一番「あれ? 何か変かも…」と気付きやすいのは、
舌のピリピリとした痛みかもしれません。
普段から舌の様子に気を配ることももちろん大事です。

歯磨きの時に一緒に舌をチェックしてあげましょう◎

●一体、なにが「口腔カンジタ」の原因なの?

gettyimages (26099)

①過労による「免疫力の低下」

29 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cotoco* cotoco*