2018年7月24日 更新

地味にツライ蓄膿症、その原因の1つは歯のトラブルにあった…?!

出勤や通学はできる程度でも本人にとっては地味~にツライ蓄膿症。そんな鼻のトラブルの元が「歯」にあるかもしれないんです…!

■歯周病治療

gettyimages (33882)

歯周病は40代の8割以上がかかると言われ、
ギネスブックにも「全世界で最も患者が多い病気は歯周病である」と掲載されているほど人類が最もかかりやすい病気です。
みんなかかっているからと言って受診をせずにいると、
症状は悪化するばかりでいつの間にか歯が抜けていたという事態を引き起こしてしまいます。

歯周病で失った歯肉や歯、骨が戻ることはありません。
そのことを考えてもより早期的治療が必要だと言えるでしょう。
虫歯治療で先述したように、じっくりと時間をかけて治療をしてくれるのが自由診療の大きなメリットです。
また、虫歯などの他の症状があっても同時に治療してくれます。
歯周病治療を受ける際はぜひ自由診療を候補に入れてみてくださいね。
歯石をとって歯周ポケットの風通しを良くして、歯周病菌が繁殖しにくい環境づくりをします。歯石は歯垢が石灰化したものです。歯石の原因となる歯垢をためないように正しい歯磨きを継続しましょう。
歯垢が長期間ついていると、歯の表面にべったりと張り付いてしまいます。固くなった歯垢は歯ブラシだけできれいに取れませんので、歯科医院で除去します。
歯の表面をつるつるにすると、歯垢や歯石が付きにくくなります。

ここまでが歯周病の初期治療です。
歯磨きができるようになって、歯周病の炎症がある程度おさまってきたら必要に応じて歯周外科治療を行います。
重度の歯周病の場合、炎症を起こした歯肉を切除して健康な歯肉にさせる手術や失われた歯肉や骨を再生させる手術が必要になるんだそう。
「手術はしたくない…」と思うなら、なおさら早期に治療をしておきましょう。

歯周病治療 | ザ・ホワイトデンタルクリニック

歯周病治療 | ザ・ホワイトデンタルクリニック

■インプラント治療

gettyimages (33902)

インプラントは歯がなかったところへ新たに歯を挿入する手術です。
経験豊富な医師やクリニックを選定しなければ、後に重大なトラブルとなりかねません。
インターネットには様々な情報が散乱しています。
情報収集をしながら比較・検討をすることが安全なインプラント治療を受けられる助けになるでしょう。
1.専門医によるカウンセリング
専門医によるカウンセリングを行い、抜けてしまった歯の状態や、お悩みを詳しく伺います。
さらにレントゲン撮影などから口腔内を診断し、患者様ごとに適した治療法をご提案します。

2.インプラント埋入
インプラントを埋め込む治療を行います。
歯茎を切開し、露出させた顎の骨にドリルやボーンコンデンサーを用いて穴をあけ、
インプラントを埋め込み、縫合します。

レントゲンやCTスキャンなど、事前に診断した情報を元に正確に埋め込むことで、
骨とインプラントの癒着をスムーズにします。治療自体は20分程ですが、
麻酔などの準備のため、ご来院からお帰りまで、2時間程みていただいております。

3.抜糸
約7日~10日後に、
切開した部分の様子を診察し、
問題がなければ抜糸をします。

4.型取り
人工歯を立てるための土台となるインプラントの上部分を歯茎から出す治療を行います。
その後被せる歯を製作するため型採りを行います。

5.義歯の装着
型を元に仕上がった人工歯を装着すれば
インプラント治療は完了です。
当院ではストローマンインプラントを使用しています。
ストローマンインプラントは世界1位のシェアをもち70か国以上で使用されています。
ストローマンインプラントは45年以上の臨床実績があります。
ストローマンインプラントはITIという非営利の学術組織によって安全性が証明されているインプラントです。
ストローマンインプラントはインプラント体がより強固に
骨結合できるようなSLAサーフェスという表面性状をしています。
従来であれば骨が柔らかくてインプラントが定着しなかった症例でもしっかり骨に付くインプラントです。
また、早期に骨と結合しますので治療期間が短縮できます。
こちらは世界No.1のシェアを誇る「ストローマンインプラント」を使用したクリニック。
ストローマンインプラントは多種多様な形状があり、患者様の骨の状態に適したそれぞれのインプラントが作成できます。
その上、世界No.1のインプラントだからこそ、世界中海外へ移転したとしても海外で定期検診を受けることも可能です。

インプラント手術治療 | ザ・ホワイトデンタルクリニック

インプラント手術治療 | ザ・ホワイトデンタルクリニック

蓄膿症のツライ経験を繰り返したくないのなら

gettyimages (33958)

蓄膿症と歯のトラブルとの意外な関係、知っていただけましたでしょうか。
蓄膿症の原因が鼻による炎症であれば「鼻性上顎洞炎」、
歯による炎症であれば「歯性上顎洞炎」と呼ばれるほど蓄膿症と歯のトラブルは密接な関りを持っています。

蓄膿症は中耳炎や脳膿症、髄膜炎などを引き起こす一因と言われています。
たかが鼻詰まりや頭痛と思っていても、最悪の場合、命に係わる合併症を引き起こしかねません。
また、虫歯や歯周病も放置しておくと身体へ悪影響を及ぼします。
ですから、互いに甘く見てはいけない症状だと言えるでしょう。

もしも今蓄膿症と歯のトラブルを抱えているのであれば、
少しでも早めに歯科医院の受診をおすすめいたします。
鼻や口内がすっきりすれば、気分もすっきりするはずですよ(∩´∀`)∩
44 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大人の《口腔崩壊》が増加中!放置した重度虫歯の特徴・原因・治療方法

大人の《口腔崩壊》が増加中!放置した重度虫歯の特徴・原因・治療方法

「歯がぐちゃぐちゃでパンも噛めない」「人前では口を開けて笑えない」 そんなコンプレックスでお悩みの大人が、最近増えてきているようです。
小野ねね | 10,771 view
老化は口から!口腔ケアで老化を防止しよう!

老化は口から!口腔ケアで老化を防止しよう!

年の瀬に、今年も終わりかと思うと同時に年取ったなと思うこと、ありませんか?いつまでも元気でいられたら…。そんな願い、実は口腔ケアで叶えられるかも…!
sasami* | 494 view
最強の武士が敗れた?!放っておけない虫歯の恐怖

最強の武士が敗れた?!放っておけない虫歯の恐怖

二次元でも大人気のあの組織で最強と謳われた、“とある武士”が虫歯に負けていたってほんと…!?
sasami* | 315 view
受動喫煙は虫歯になりやすい?!口腔内と受動喫煙の関係

受動喫煙は虫歯になりやすい?!口腔内と受動喫煙の関係

「分煙してるから大丈夫大丈夫!( ´ー`)y-~~」なんて思っていませんか?
sasami* | 310 view
噛むのはいいこと?悪いこと?噛むことと口内トラブルの関係

噛むのはいいこと?悪いこと?噛むことと口内トラブルの関係

「とろっ」「ふわっ」が世の中の食べ物の魅力的な表現になっている現代…。毎日するはずの“噛む”という動作、疎かにしていませんか?
sasami* | 225 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

sasami* sasami*