2016年11月27日 更新

広瀬すずさんも!「噛みフェチ」さんってどんな心理?

噛みたいのは愛情表現と言われても…!

人気女優の広瀬すずさん、暇さえあれば噛む「噛みフェチ」…?!

本当に広瀬アリスさんの腕を噛んでいるすずさん…! 小動...

本当に広瀬アリスさんの腕を噛んでいるすずさん…! 小動物みたいですね◎

ブログで唐突に『最近のマイブームはお姉ちゃんの腕を噛む事』と告白し、
大きな反響を呼ぶことに。

彼女に言わせると、「とりあえずお腹がすきすぎたら噛みたくなる」とのことで、
ネットを中心に「そんな理由で噛まれるお姉ちゃんがかわいそう」などという声も聞かれたが、3月4日放送の『PON!』(日本テレビ系)でインタビューを受けた広瀬アリスの口から飛び出したのが、「(毎日、お互い)体を噛み合って…。(肩のあたり触りながら)噛んでくるんで私も噛み返す(笑)」という事実。
お腹が空いたら噛んでるって…! 猫みたいですね~。笑
姉妹で噛み合っているようなので、かわいいじゃれあいのようなものなのでしょうが
かわいらしいですね(*^^*)

「噛みフェチ」さんに噛まれて困っているひとのお悩み多数…!

私は男なんですが、好きな人を噛みたくなるときがあるのですが、
これは心理学(?)的にどういう心理状態なのですか??
噛みたくなると言うのは食べちゃいたいくらい可愛いというのではないです。
例えば彼女と2人きりで近くにいるとき何の前触れもなく無性に噛みたくなるのです。
ど、どういう心理なのでしょうか…?! 結局はかわいいからでは?笑
噛むのは何故?
就寝前や寝て起きた時などに旦那が私の顔(頬っぺた)を噛みます^^;
何故?旦那なりの愛情表現でしょうか!?
寝起きの顔がかわいいんじゃないでしょうか?(*^^*)

恋人やパートナーを「噛む」のには、実はいろいろな気持ちがこもっている…!

①大好きな気持ちをアピールしたい!

gettyimages (28490)

大好きな彼氏、彼女とは体を密着させるだけでも幸せですよね。
だけど、好きという気持ちが強くなりすぎると、
相手を噛む事で愛情表現をしてしまう人もいるようです。

初めて噛まれた時にはビックリしてしまうかもしれませんが「それだけ自分の事を好きなんだなぁ」と分かれば、度を超していない程度の噛み方であれば、可愛いものと許してあげた方が良いでしょう。相手が噛んできたら、「愛情が欲しいのかな?」と察知してあげてギュッと抱きしめてあげるなどの愛情表現をしてあげましょう。
大好きな気持ちが溢れるって素敵なこと。その気持ちがストレートに…!
モノを噛むという行為は、何か食べるということですよね。
しかしそれ以外で噛みたがる人は、好きな人への愛情表現の可能性があります。
相手のことを噛む、つまり相手のことを食べたい、それぐらい相手のことが好き♡ということです。キスも噛む行為と同じだといわれています。「相手のことを食べちゃいたいぐらい好き」という意味が込められているという説があり、そこからキスが愛情表現の一つになっています。
食べちゃいたいくらい好き!って、恥ずかしいけど素直に言えるひとって
かわいくて素敵ですね~!
ちょっと恥ずかしくなりますが。笑

②愛情確認なんです。

gettyimages (28493)

子供が親を甘噛みする心理と同じで、好きな人を噛む場合は相手がどれほど自分に対して愛情を持っているか確認をしているのです。噛む痛みを相手がどれぐらい耐えられるか、それが愛情の深さとして安心できる心理があります。

また信頼関係があれば、噛んでも決して相手は起こらないと判断できるため、噛む心理には相手との愛情関係を確認する動物的な行動であるともいえますね。もちろん思いっきり噛んでしまえば相手も不快な思いをしてしまうでしょう。そのギリギリの状態で相手の反応を見ることも、愛情を確かめる行動なのです。
お付き合いしてても愛情確認したい時ってありますもんね…!
信頼関係を試してるというのも頷けるかも。

③安心したいから。

22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

噛みグセ治して小顔になる! “日本のかた~いお菓子”6選◎

噛みグセ治して小顔になる! “日本のかた~いお菓子”6選◎

諸国銘菓! 固いお菓子を食べる習慣を作ろう!
cotoco* | 315 view
噛む・かじるで美肌・美歯効果◎ナッツが歯にいいその理由!

噛む・かじるで美肌・美歯効果◎ナッツが歯にいいその理由!

がりがりボリボリ。ナッツが歯とお肌にいい理由、教えます!
cotoco* | 113 view
噛みまくり!動画集♪芸人、声優、イケメン、犬猫♡

噛みまくり!動画集♪芸人、声優、イケメン、犬猫♡

噛む芸人、噛む犬猫♪噛みまくり集めてみました
mariko | 212 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cotoco* cotoco*