2018年7月20日 更新

「舌」が「歯並び」を悪くする?口元に悩む人は見直したい「舌の正しい場所」

『塵も積もれば山となる』 無意識にしている癖が、口元コンプレックスの原因なのかもしれません。

■ いびき・睡眠時無呼吸症候群

gettyimages (33654)

顎の小さい人または顎の位置が後方にある人は、舌の位置が喉に近かったり舌をしまうスペースが不十分だったりすることもあります。そのため、睡眠時に舌が喉の奥に落ち込んで気道を塞いでしまうことがあるのです
舌癖のある人は、口呼吸になってしまう傾向にあります。
睡眠時無呼吸症候群はいびきによって起き、睡眠時に息が止まってしまう病気。
睡眠の質を下げてしまうだけではなく、身体に与える影響も大きい症状です。
普段無意識にしてしまっている舌癖。

「塵も積もれば山となる」という言葉があるように、
その何気ない行動の一つ一つが「歯並びを乱す」という結果につながってしまうんです。

それが大人になってからではなく、幼少期から続くものとなれば、
その影響はかなり大きく長いものになりますよね。

口元に自信が持てない。
コンプレックスがあるという人は、長く続く舌癖の影響が大きい可能性があります。

舌癖のある人は、今すぐにでも正しい場所に舌を置く心掛けを大切にすべきでしょう。

舌癖によって乱れた歯並びをキレイにする方法

gettyimages (33666)

小さい頃からの舌癖で歯にコンプレックスができてしまった。
そんな人におすすめなのが、正しい舌の位置を心掛けるだけじゃなく、
乱れてしまった歯並びをキレイに整えてくれる歯の治療です。
キレイな歯と正しい舌の位置で美しい口元を叶えましょう。

▶ 出っ歯さんのおすすめ治療

① セラミック法

出っ歯になっている歯の表面を削って、その上に内側に入れ込んだセラミックの歯をかぶせて治療する方法です。
BEFORE

BEFORE

AFTER

AFTER

ステップ01:気になる歯を削って仮歯にする

出っ歯を削って仮歯にします、この日にはもう出っ歯ではなくなります。
また、このときただ削って仮歯をはめるのではなく、患者様のお顔や、笑った時・話した時の口唇にあわせて歯の形を出来る限り内側に歯を入れ込んでデザインします。

ステップ02:歯型をとります

セラミックの歯を作るために歯型をとります。
ザ・ホワイトデンタルクリニックでは技工物を院内で制作していますので品質が安定しており、色や形の調整がオーダーメイドできます。

ステップ03:セラミックの歯を接着して終了

最後にセラミックの歯を装着して出っ歯治療が終了です!!また、セラミックの歯は強力に接着しますので、外れにくいです。
全3ステップで前に出てしまっていた出っ歯は引っ込みます。
また、セラミックで白い歯にできるのも嬉しいメリットの一つ!
出っ歯に合わせて、歯の色も目立ちコンプレックスだったという人にぴったりです。

② 骨切り手術

4番の歯の抜歯と骨切りによって、後方へ移動させるスペースを確保し、前歯全体を移動させて治療する方法です。

りんかく形成(出っ歯治療) - 上下顎骨切り術 [ dentistry] [ ランキング] [ cleaning]

この治療方法は、原因が歯そのものではなく、
骨にある人向けになります。
骨格的な出っ歯は、骨が成長している小さい頃から大人になっても舌癖があったという人に多いです。
74 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

コンプレックスは「受け口」です。生活でも困ることがいっぱいの受け口を治したい!

コンプレックスは「受け口」です。生活でも困ることがいっぱいの受け口を治したい!

滑舌が悪い?食後にお腹が痛くなっちゃう?食べ物が噛みきれない? 受け口さんの悩みは見た目だけではありません。
やな | 68 view
「前歯よ引っ込め!」前歯が気になって笑えない…❝出っ歯❞に悩む人たちにおすすめの治療法は?

「前歯よ引っ込め!」前歯が気になって笑えない…❝出っ歯❞に悩む人たちにおすすめの治療法は?

やたら主張の激しい前歯に「ひっこめ…!」と思っている人たち集合です。
やな | 328 view
海外でモテモテ♡すきっ歯はコンプレックス!? 

海外でモテモテ♡すきっ歯はコンプレックス!? 

ジェーン・バーキンもすきっ歯でモテモテでした!
cotoco* | 574 view
舌癖✨舌の位置が問題なんです

舌癖✨舌の位置が問題なんです

出っ歯やすきっ歯の原因、舌癖を治そう
fugu | 1,210 view
歯列矯正の効用♪自信がついた!明るくなった!

歯列矯正の効用♪自信がついた!明るくなった!

歯列矯正したら人生が変わった!そんな声を特集
mariko | 752 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

やな やな