2016年9月7日 更新

オーラルフレイルという、新概念

人は「口から老いる」という新概念がじわじわきてる

オーラル・フレイルは、直訳すると「歯・口の機能の虚弱 」

オーラル・フレイルはその虚弱に至るプロセスに、より川上の段階で歯・口の機能低下が深く関係していることを説明するのである。
虚弱に至るプロセスは一般的に、上述した足腰の話と関係の深い骨格筋が弱まること(=加齢性筋肉減弱症(サルコペニア))と考えられている
近年,歯科界でも同様に「オーラル・フレイル」という考え方で,口腔機能の低下が引き起こす問題を国民に広く啓発・周知させていこうとする気運が高まっている

口の機能が衰えるって、具体的に言うと…

歯・口の機能低下から始まる、低栄養・身体機能の低下、社会性の低下、精神性の低下、そして虚弱な状態に陥る一連のプロセス
衰えというものは自分では自覚ができないくらいとても少しずつ進んでいくので、決して安心することはできないのです。

口から食べ物を零す事が増えていませんか?

初期段階で起こりやすい特徴は、咀嚼機能の衰えです。

初期段階で起こりやすい特徴は、咀嚼機能の衰えです。

咀嚼機能が衰えてくると、食事をしている時に、口から物を食べこぼすことが多くなっていきます。もちろん食べ物の種類にもよりますが、少しでも口から食べ物を食べこぼすことがあれば、それはオーラルフレイルの兆候かもしれません。

飲み込む時に、むせることはありませんか?

飲み込むときにむせることはありませんか?

飲み込むときにむせることはありませんか?

食べ物や飲み物を口に含み、飲み込む時に少しでもむせることがある場合、嚥下機能が低下していることが考えられます。
最新の厚生労働省の調査によると、65歳以上の約6人に1人、85歳を超えると約3人に1人が、低栄養傾向という危険に直面しているそうです。
タンパク質やビタミン、ミネラルなどが不足し、固いものや繊維質の多いものを食べるのが難しくなるため、食物繊維が足らなくなるなど、栄養バランスが崩れ、栄養が足りてない「低栄養」状態に陥りやすいのです。

高齢者問題 歯の本数が体重減少を引き起こす -

高齢者問題 歯の本数が体重減少を引き起こす -
高齢者の残歯数は、命に直結しています。 今や低栄養の高齢者が急増。由々しき事態となっています。

高齢者向けの食べやすさに特化したユニバーサルデザインフード

ユニバーサルデザインフードとは|日本介護食品協議会について

ユニバーサルデザインフードとは|日本介護食品協議会について
「ユニバーサルデザインフード」とは、日常の食事から介護食まで幅広くお使いいただける、食べやすさに配慮した食品です。その種類も様々で、レトルト食品や冷凍食品などの調理加工食品をはじめ、飲み物やお食事にとろみをつける「とろみ調整食品」などがあります。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大人の《口腔崩壊》が増加中!放置した重度虫歯の特徴・原因・治療方法

大人の《口腔崩壊》が増加中!放置した重度虫歯の特徴・原因・治療方法

「歯がぐちゃぐちゃでパンも噛めない」「人前では口を開けて笑えない」 そんなコンプレックスでお悩みの大人が、最近増えてきているようです。
小野ねね | 1,042 view
子供の虫歯が減ってきたらしい!!

子供の虫歯が減ってきたらしい!!

近年の子供虫歯事情を調査せよ!!
fugu | 381 view
胃が痛い…その原因は歯周病かもしれません

胃が痛い…その原因は歯周病かもしれません

ストレスだとのせいだとばかり…!
みなたろす | 731 view
高齢者問題 歯の本数が体重減少を引き起こす

高齢者問題 歯の本数が体重減少を引き起こす

高齢者の歯の問題は由々しき問題です
fugu | 251 view
諦めないで!ボロボロの"口腔崩壊"状態の歯でもまとめてキレイに

諦めないで!ボロボロの"口腔崩壊"状態の歯でもまとめてキレイに

毎日の生活に支障が出ない限り、ついつい後回しにしてしまいがちなむし歯治療。放置することで病状は悪化するばかりですが、口腔内がボロボロになってもまだ間に合います。たった1日で多数のむし歯を治療してもらうことも可能です。
dentalist | 154 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

fugu fugu